めでたい会議

リスノ雑貨店・3ヵ月経ちました!

昨日、5/22でリスノ雑貨店をオープンして3ヵ月が経過。

といっても、週2営業なので、実際営業したのは26日ですが…

3ヵ月やってみて、今私達が率直に思っていることをお話します。

繋がるご縁の輪

リスノ雑貨店の広報は、主にInstagramだけ。

営業日の前日/当日は、営業日のお知らせとご来店のお礼を兼ねて必ず投稿をしよう!と決めて、一週間に4回は写真を必ずアップしている。

すると、徐々にフォロワーが増えて、3ヵ月時点で347名となった。

また、お客様が来店時に写真を撮ってアップしてくださると、お友達がその投稿をみて来店、というパターンが多い。

懐かしき笑っていいとも!の「友達の輪」を思い出す。

そんなInstagramの影響力を身をもって感じた中、好きなモノが似ている人は繋がりやすいということもあってか、素敵な出会いにも恵まれた。

作家さんの作品を店に置かせていただけるようになったのだ。

素敵な作品を作る作家さんにいつか出会えたら‥お店に置かせていただけたらいいなとは思っていたけれど、こんなに早く実現するとは思いもしなった。

 

手織り作家 mittsu no ringoさん
リサイクルコットンのハンカチ
手織り機(鶴の恩返し)で織られているからスゴイ!

イラストレーター手作り作家 eiさん
羊毛フェルト&布と革を縫い合わせたブローチ
上段は全て手描きのイラスト!

cafe ossoさんのアイシングクッキー
記念樹プロジェクトに参加してくださった方へ
お渡しする御礼として作成していただいた。
ほれぼれする丁寧さと再現力!

 

みなさん大津市在住で、Instagramや知人の紹介でご来店くださったことがきっかけとなっている。

お店をしていなかったら絶対に出会えていなかっただろうし、不思議な気持ちながら、楽しい選択ができてよかったとしみじみ思う。

売上ベスト3の商品

Instagram効果があったと言えど、山奥での週2営業。

誰も来ないかも…と思いながらの毎日だけど、ありがたいことに、営業日には誰かがご来店くださっている。

3か月経って、一体何が一番売れただろうと思い確認してみたところ…

 

1位 フルーツ・バー 46個
2位 米密ビスケット 32個
3位 なつめチップ 27個

 

雑貨店といいつつ、もはや食品店である。

続いて‥4位がオリジナル缶バッジ 27個。

 

リスノ雑貨店ロゴバッジが売切中

 

5位はホワイトボードノート 20冊。

 

B5 / B6の2サイズ
ホワイトボード仕様の8ページ

 

ホワイトボードノートは、この中では一番陳列し始めて日が浅いけれど、入荷してはすぐ売れていく人気商品。

お客様に使用用途を聞いてみると、リモートワーク、オンラインレッスン、音楽教室、介護の時の筆談用‥色々な使い方があっておもしろい。

自分がいいなと思って入れた商品が選ばれると、やっぱり嬉しい。

もちろん、思った以上に動きがない商品もあって、少ない営業日で賞味期限内に売り切る難しさも痛感中。まだまだ反省と試行錯誤の毎日です。

ママのお買い物を見て‥

当店のお客様は、女性が多いけれど、ご夫婦で来てくださったり、ファミリーも多い。

中でも、お母さんと小さなお子さんのお買い物は大変。

店内では、ゆっくりと商品を見たそうなお母さんと、テンションあげあげのお子さん、という構図を見かけることもある。

そこで、隊長の出番だ。

時に、絵本を一緒に見たり、持参されたミニカーで一緒に遊んだり…少しでも、ゆっくり過ごしてもらえるように全面協力。

「相手してもらって、ありがとうございます。」と感謝されるが、隊長的には、今どきのミニカーの情報を教えてもらったり、流行りの遊びを教えてもらえてちょっと嬉しいそうな。

 

ミニカー好きの男の子情報では‥
NISSAN SKYLINE GTR NISMOが
精巧に出来て入れ最高!!だそう。

 

とはいえ、ものの数十分なので、私達は楽しく一緒に遊んでいられるけれど、ずっと一緒のママさんの生活を考えると‥買い物もままならないはず。

お店をしたことで、隊長は、子育て世代のママの大変さがよくわかるようになったらしい。

またもうひとつ、スタジオ見学が、ある種エンタメのようになっていることも気づきだった。

スタジオ併設の雑貨店か、雑貨店併設のスタジオか?

リスノ雑貨店は、スタジオの3Fなので、誰もがスタジオを通って階段を上がっていく。

 

階段あがった3Fがリスノ雑貨店

 

特に深く考えていなかったけれど、スタジオが併設されている雑貨店、いや、雑貨店が併設されているスタジオはとっても珍しい。

Google先生に、「雑貨店」「スタジオ」と、たずねてもヒットするのはスタジオアントラップぐらい。

「へ~、こんなところにスタジオがあったんですか~全然、知りませんでした。」とおっしゃる方が、ほぼ100%といっても過言では無い。

スタジオを始めて10年になるが、大して広報もしていないというものの、存在すら知られていない中、よくまぁやってこれたものである。

お客様とお話ししていると、「音楽好き」の方や「昔、バンドやってました。」という方が意外に多い。

それならば、「どうぞどうぞ♪」とスタジオやコントロールルームの見学ツアーが始まる。

一通り、スタジオ内のご案内・説明なんかして「CDでも聴きますか?」とコントロールルームで試聴会開催。と同時に、撮影会も始まったり。

音響機材をバックに撮影できるのは、珍しいらしくインスタグラムにもたまに登場している。

どうせなら、スタジオ内の雰囲気作りにとドラムセットを設置しておいたところ、子どもたちの人気スポットになってしまった。

 

歌いながら叩いてみたり‥♪

 

楽器店で叩けるのは電子ドラムだったり、本物のドラムを叩けるという体験がとても楽しいらしい。

ギターなら、弦を押さえ弾くのに比べて、「叩けば鳴る」ドラムはすぐに音が出るのでとっつきやすいみたいだ。

中には、このドラム体験から、近くの楽器店にドラムを習いに行こうかと計画中のご家族もあらわれた。

また時に、お子様よりもお父さんがドラム体験に夢中になる構図も見られる。これもまた、微笑ましい。

リスノ雑貨店の個性を磨く

こんな山奥に住み、自分で店をはじめておきながら、よくもこんな山奥まで来てくれるなぁと、日々思う。

通りすがりで店を見つけてくれるわけでもないし、みんな当店を目指してやってきて下さるのだから、本当にありがたい。

ともあれ「山奥」×「 レコーディングスタジオ 」× 「ねこがいる」というのは、リスノ雑貨店の個性になっている。

 

看板ネコギンジ
彼に会いたくてご来店くださるお客様も♪

 

私達の緩さが店に漂っているからか、Instagramでご紹介くださるお客様の文章には、「ほっこり」「まったりできる」「居心地のいい」と書かれることが多い。

なんせ、店主がお客様とソファに座って、雑談で1時間ほど盛り上がっている店なんて、早々にないはず。

コンセプトに掲げていた「寛げる雑貨店」は、順調に認知されている雰囲気がある。

というわけで、お客様の数が極端に増えることは望まず、これからもInstagramでの情報発信のみで、ひっそりこっそり歩んでいきたい。

ココがみなさんにとって、時々なんか寄りたくなる「止まり木」のような存在になれたらいいなと思っている‥♪

 

 


 リスノ雑貨店

 

6月の第2週は週1回のみの営業となります。

その代わりといってはなんですが、月末にはじめて土日と連続営業日を設けました!

ドライブがてら、お立ち寄りください♪

 


Instagram:risuno_zakkaten

 

ABOUT ME
Taicho and Risu
15歳差凸凹夫婦が、今気になる様々なモノやコトについて綴ります。毎週二回更新!各種SNS&LINEで、更新情報をお知らせします。フォローミープリーズ♪
RELATED POST