めでたい会議

めでたい“元号予想”有識者会議

平成も今年で終わり。
夫婦そろって昭和世代の私達にとっては、これで3つ目の元号を経験することになる。

 

 

次の元号は、平成31年4月1日に発表。
発表の日付が日付だけに、いろいろな誤情報も流れる気がするのは私達だけだろうか。

ともあれ、元号が変わるということに立ち会えるのも早々ないだろうということで、記念に‥めでたい家庭内有識者会議を開催して、新元号を予想してみることにした。

ところで元号って何?

wikipediaによると
「元号(げんごう)とは、日本を含んだアジア東部における紀年法(年を数えたり、記録する方法)の一種。特定の年代に付けられる称号で、基本的に年を単位とするが、一年の途中であってもでも元号の変更(改元)がされることもある。」

 

なんと、一年未満で改元された元号もあるとか?さぞかし元号変更に忙しい一年だったはず。

現代において、一年の途中で変更されるなんてことがあったら、印刷業界以外からは不満噴出かもしれない。

明治以降は一世一元の制が定着し「元号」が法的用語となり、現代では元号法が制度の裏付けとなっている。

 

 

ほうほう、元号についての法律があるのね。

元号法
第1項:元号は、政令で定める。第2項:元号は、皇位の継承があった場合に限り改める。
附則:第1項:この法律は、公布の日から施行する。第2項:昭和の元号は、本則第一項の規定に基づき定められたものとする。

 

元号法で規定されたこと以外にも、いろいろなルール?やガイドラインがあると言われている。

「国民の理想としてふさわしいような意味を持つ・漢字2文字で、書きやすく、読みやすい。これまでに用いられていない。俗用されていない」とか、

「明治、大正、昭和、平成のそれぞれのイニシャルとなるM、T、S、Hが頭文字となる元号は使わない」なんてことも聞くが、本当のところは、本物の有識者のみが知るところ。

めでたい“元号”家庭内有識者会議

 

3月某日。
家庭内において新元号を予想した有識者会議を行ってみた。

新元号に関しての、めでたい的視点で採用したガイドライン/ルールは以下の項。

1. 国民の理想としてふさわしいような意味があればいいな~♪
2. 守りではなく、ちょっと攻めで
3. 漢字二文字
4. 書きやすく読みやすい
5. これまでに用いられてない
6. 頭文字は、M、T、S、H、以外

 

「これまでに用いられていない」ということから、元号一覧リストを作成して確認。

有識者・リスは、「明るい」「開ける」「進む」といった前向きな意味を持つ漢字を中心にリストアップして組み合わせを思考する。

 

 

それに比べ有識者・隊長は「この元号の時はこんな出来事があった」「この漢字が使われている時は、災害、疫病、不作、戦いが多いからこの漢字は無し」と、時代の流れを読みつつ、ゲン担ぎに終始。

いざ考えてみると、当たり前だが、とても難しい。

夜の晩酌タイムでも、ああでもないこうでもないと議論を深めていった。

元号発表と言えば‥毛筆

ある日。打ち合わせで外出していたリスに「百均で筆・墨汁購入よろしく。」とLINEが届く。

「元号を考えたなら、毛筆で書いてみないといけないんじゃない?ほれ、『平成』発表の記者会見の時みたいに。」と、隊長のめでたい発想が飛び出し、何年かぶりに毛筆に挑戦。

文鎮や下敷きはないので、あり物代用で挑む即席習字。

 

すずりに見えるけど、うどんの容器

 

元号発表の記者会見準備だ!と思ったものの、習字の難しさたるや。

二人そろって習字経験はないに等しく、小学生かと思う書の出来栄えはさておき、各々の元号予想をしたためていく。

二人の導き出した元号は…

有識者隊長案

和宝・わほう『弘晴・こうせい』
和宝・わほう
お宝がザックザク、日本の国に溢れるという、経済発展&豊かな時代を望んだ元号。
『弘晴・こうせい』
元号の上でも、デフレ脱却だ。人の名前っぽいところが微妙だとは思うが、弘=ひろく、晴=雨がやんで青空が出る。閉塞感があった時代から脱却して、こう…パ~っと晴れの日のような時代にならんものかという希望を込めて。
有識者リス案
『源歩・げんぽ』『栄進・えいしん』

『源歩・げんぽ』
物事が発するという意の源。今一度、源から歩みゆくという意を込めて。
『栄進・えいしん』
「栄」は、2本のたいまつが燃える様子の象形文字から‥さかんに輝くさまを「さかえる」と意味する漢字ができたそうな。豊かになった日本が、今後どう栄え進みゆくかという覚悟と望みを込めて。

 

思い出す、平成の発表の瞬間。
小渕さんのマネをしてみる、隊長。

 

 

きっと私達なんぞが考えつく元号とは違い、聡明なものが発表されることだろう。

ともあれ、歴史に残る瞬間を見届けることも、こうやって考えてみることも、今という時間の記憶になる。

 

ひとまず、貼っておこう

 

元号の発表は、2019年4月1日、お昼頃。はたして、どんな元号になるのか!?

次は、年末「今年の漢字」予想だな~♪

RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. アバター かわち より:

    秘宝に一票

    • Taicho Taicho より:

      新元号発案ありがとうございます。ありがたく元号案、頂戴いたします。
      次の有識者会議には是非ともご参加くださいませ♪春天サイン確定です。