めでたい会議

個性溢れるLINEスタンプの世界

50代にも人気のLINEスタンプ

4年ごとオリンピックの年に行われている、隊長の中学時代の同窓会。

先日「来年へと延期する。」と、幹事から、Facebookの同級生グループで発表があった。

Facebookをやっていない同級生もいるので、LINEで個別に連絡。

返信メッセージの最後には、「ありがとう。」「了解です。」という言葉と共に、だいたいLINEスタンプも送られてくる。

今どきの50代にも、LINEは必須。

送られてくるスタンプには、流行りのキャラクター、お花満載のメルヘンなモノ、動物系、LINEが用意しているスタンダードなものまで。

中には、「あれ?この人、ディズニー好きだったっけ?」や、「この人、流行りのアニメキャラ使うんやー!」と、送信してくる人の性格がスタンプのチョイスに表れている。

ちなみに、近しい友人のLINEグループでの流行っているのは、ダジャレ入りのスタンプ。

 

実践おさかな会話

 

割りとマジで毎日使える日常ダジャレ

 

オジサマたちの間で繰り広げられる、ダジャレスタンプの応酬。

若い世代に使おうもんなら、ひんしゅくかもしれないが、オジサマ同志なので無害で楽しい。

ダジャレスタンプを送りあう仲間‥なかなか微笑ましい光景ではないだろうか。

お知り合いがリリースしたLINEスタンプ

隊長のお気に入りは、知り合いの開発会社ビットグルーヴ社が出しているLINEスタンプ「ヒキコモドリ」。

 

 

「ヒキコモドリ」は、「もういい大人だけど、タマゴの殻から出られないトリのスタンプ」。このシリーズには、「ヒキコモドリ-敬語編-」というものある。

「なんか怪しい・・・」変テコなキャラクターは、隊長の性格にマッチしている。

リスはというと、最近LINEをするのは、友人よりも仕事関係者が多いため、敬語スタンプをいくつか常備。「承知しました」は、ほんとよく使う。

 

シンプルな敬語のスタンプ

 

お知り合いのミュージシャン・佐合井マリ子さんが、最近、「MarikokkoPark」というLINEスタンプをリリースした。

佐合井さんはイラストを描くのがとっても上手。

ちびマリ子ちゃんは、ファンの仲でお馴染みのキャラクター。

 

MarikokkoPark

 

明るいカラー&関西弁が、なんともかわいい。

他には、昨年、CD制作でご一緒させていただいたバイオリニストの佐久間聡一さん。

クラシック界の大泉洋?とも呼ばれている佐久間聡一さんのスタンプも面白い。

 

ヴァイオリニスト佐久間聡一
通称なすびてんてぃのおもしゃいスタンプ

一度は作ってみたいLINEスタンプ

職業、年齢、プロ、アマチュア、個人/企業を問わず、誰でもLINEスタンプリリースに挑戦できる。

 

 

リリース(発売)するには、一定の審査基準をクリアしないといけないし、そのハードルは高いと聞くが、一度は作ってみたいLINEスタンプ。

スタンプは、8個・16個・24個・32個・40個の設定が可能で、最低でも8個。

以前から作ってみたいなぁと思いながらも、私達の画力では思うようにいかず、絵を描ける方との共作も検討していたのだが、構想で止まり‥時間だけが過ぎている。

今、LINEのクリエイターズスタンプ(公式スタンプ以外のもの)は、どんどん増えて、今や何百万を超え、選び放題のスタンプ天国。

「月額¥240で300万種類のスタンプが使い放題(※今なら3か月間無料らしい)」というプランまであるぐらいなので、スタンプでお小遣い稼ぎするのは、夢のまた夢。

でも、自分の作ったスタンプで会話に華を添えられるのは、楽しそうだ。

しかも、LINE Creators Studioというアプリを使えば、画像編集ソフトも使わず、スマホだけで作成ができて、審査申請まで可能らしい。

この公式動画を見ると、直感的で、画像の切り抜きも簡単。すごい。

 

 

もはや、スタンプまで自作する時代も近いのかもしれない。

ステイホームの今。

「イラストが得意な方」や「こんなスタンプ欲しい!」というアイデアがある方は、チャレンジしてみるのはいかがでしょうか…♪

 

 

ABOUT ME
Taicho and Risu
Taicho and Risu
15歳差凸凹夫婦が、今気になる様々なモノやコトについて綴ります。毎週火・木曜日更新!各種SNS&LINEで、更新情報をお知らせします。フォローミープリーズ♪
RELATED POST