めでたい太鼓判

MDR-CD900ST @ Sonyのヘッドホン

ミュージシャン、サウンドエンジニア、映像制作、放送局・・・音を扱う職業の道具であるヘッドホン

音響機器メーカー、楽器メーカー、はたまたコンピューター周辺機器のメーカーなどから、様々なモデルが発売されている。

TVの音楽特番やアーティストのyoutubeチャンネルで、ミュージシャンが楽器演奏や歌をレコーディングしている風景を見ると‥

SONYの文字が刻まれたヘッドホンを使用していることが非常に多い。

SONY MDR-CD900ST

SONYのヘッドホン。型番は、MDR-900STというモデル。

“アーティストはこの音で聞く”

元は、SONYのスタジオで使用されることを目的として開発されたモノ。

業務用として発売(1989年)されたのだが、メディア(TV、ラジオ、雑誌等)に取り上げられ、注目された結果、1995年から一般にも販売されるようになった。

価格は、15000円台~18000円台。

(SONYウェブサイトから要約)

多くのスタジオで使用されているモデル。

スタジオアントラップでも複数台、常備している。

私が、このヘッドホンを使う理由

このCD900STは、音の解像度が高いヘッドホンだと思う。

「この音楽は、どんな音で構成されているのか?」「この楽曲には、どんな楽器が入っているのか?」が、聞き取りやすい。

音の作業(録音・編集等々)時に「ちょっとこの楽器は低音を強調しよう。」とか、「コンサートホールのような残響をつけよう。」と、細かい調整を行うのだが、設定の数値を変えた際に、どう変化したのかが良く分かる。

また、「ヴァイオリンは左斜め60度の方向」「ティンパニは右斜め60度で、ちょっと後ろ目にある」と、楽器がどの位置に配置されているのかも認識しやすい。

交換・修理用パーツが、ちゃんと供給されているのも重要。

※耳当て部分は、定期的に交換したいもの。

といっても、完ぺきでは無い

そうは言っても、良いところばかりではない。

解像度が高い・クリアに聴こえるゆえ、長時間聴き続けると、他のヘッドホンに比べて耳疲れが大きいと感じる。

 

大きすぎる音量に注意!
耳に影響あり〼

 

製品のスタンスとしては、あくまでも業務使用を目的とした、プロフェッショナルヘッドホン。

そのため、初期不良以外、すべて有償での修理対応。よくある「1年間保証」のようなくくりは無いのだ。

そして、夏場の使用。

ヘッドホンから音が漏れないように、密閉度が高くしてあるので、少々暑い。

昔、オーストリアのメーカーの耳当て部分がベロア調になっているヘッドホンを使っていたが、比較的、耳の暑さがましだった覚えがある。

純正品では無いが、CD900ST用のベロア調(布系)の耳当ても発売されているので、一度、試してみたいと思っている。

一時、このヘッドホンばかりだと芸が無いかと考え、他のヘッドホンも、いろいろと試してみたが・・・結局ここに戻ってきてしまう。

私にとっては、手放せないヘッドホンなのだ。

 

サウンドしごとの相棒

 

ちなみに、ヘッドホンをする機会が多いため、耳周りの髪は短めにするというのがマイルール。

とはいえ、ヘッドホンを長時間使用すると、頭頂部の髪がぺちゃんこになるので、ご注意あれ。

 

 


 

< Pick up ★ >

「ヘッドホンを買いたい。初めて買います。」という場合、私は決まってコレをおススメ。

 

 

いい仕事してくれます~隊長の太鼓判♪

■ SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST ♪

■ SONY ( ソニー ) / 2-115-695-01/02 MDR-CD900ST用イヤーパッド
 

 

ABOUT ME
Taicho
Taicho
studio untrapのサウンド担当。美容院の息子に生まれた影響からか。第一印象の人当たりは良し。「早く家に帰りたい」と「大丈夫、何とかなるじゃない~」が口癖。無難かつ合格ラインを見極めて進む『良い塩梅』派。