隊長

1/7ページ

Jazzライブ@ファブリカ村

隊長こと私は、滋賀県のびわ湖の東側、能登川町の出身。 実家は、琵琶湖まで車で約15分のあたり。県内では、まぁまぁ琵琶湖に近いエリアだといえるだろう。今は市町村合併により、東近江市と名前を変え、元の能登川町という名も駅以外では見かけなくなった。 能登川町は、麻織物の産地として知られ、その昔紡績で栄えていた。 今は無くなってしまったが、小中学校の頃まで日清紡の大きい工場があった。 田舎と言えば田舎だが […]

GWは再会BBQ

平成から令和へ連休   カレンダー上は10連休となった2019年のゴールデンウィーク。 スタジオアントラップは、コンサートのお仕事で平成を締めくくった。 そして、時代は令和へ。 録画したドラマを見ている間に「あれ?平成終わった?」となり、改元ムードも皆無な我が家のGWだったが、今年は少しだけGWらしい時間を過ごすことになった。 再開のGW 昨年、大学の同級生が集まった際に「今、どこに住ん […]

「最近の若者は・・・」論

最近の若い者は…   約5000年前のエジプトの遺跡から「最近の若者はなっていない、わしの若いころは・・・」という象形文字が見つかったなんて話があったと聞くが、真相はどうなんだろうか? ただ悲しいかな。 昔から若者は”けしからん”と言われる対象になることが多いと思う。 最近の若者事情はどうなのだろうかと考えている最中、20代の若者と仕事を共にすることが何度かあった […]

水都100kmウルトラマラソン”応援”記

ひょんなことからランニングをはじめ、数年前に2回フルマラソンを完走したものの‥私にとっての「42,195km」は、かなり大変な距離。 しかし、世の中には、フルマラソンをものともせず、その倍以上の距離である100kmを、一日で走破する人達がたくさんいるらしい。     昨日、大阪で行われた「第11回 水都大阪100kmウルトラマラニック」 我がランニングの師匠が走ると聞きつけ、京 […]

まもなく開演いたします♪

コンサートが開演する前。 会場内に流れる「まもなく開演いたします」という案内アナウンス&開演を知らせるブザー(ベル)。 日頃、ホールの管理や音響をやっている身として、ホールに訪れた時やコンサート観賞する時は「どんな開演ブザーの音?」「開演前アナウンスでは、どんな声&内容なのか?」が、非常に気になってしまう。   ブ~~ッ?チロリロリン? コンサート開演の何分か前、お客様に「まもなく開演し […]

入学式と花まつりの記憶

日本の年末、師走の風物詩と言えば12月25日のクリスマス。 イエスキリストの生誕を祝うクリスマスは、日本の一大イベントだ。 スーパーやコンビニにはクリスマスケーキが並び、クリスマスセールはいたるところで行われる。 それに比べて、日本人の約6割強の8470万人(2013年統計より)が仏教徒だと言われているが、仏教の開祖である仏陀の誕生日に、同じような規模でイベントが行われることは無い。 この不思議な […]

名前に隠された秘密

新元号は「令和」 2019年度がスタートした。 今日からいろいろと新しい事柄が動き始める。 11時半過ぎに発表された新元号は「令和」(れいわ-Reiwa)。 我が家でも先週、「めでたい会議」で新元号を予想したのだが・・・カスリもせず。 唯一、漢字が一文字「和」だけ同じだったくらいで、予想は頓珍漢な結果に終わった。   「令和」 出典は万葉集の梅の花の歌の序文「初春の令月にして、氣淑く風和 […]

エド先生の息子はメジャーリーガー

メジャーリーガー‥思い出すあの人 先日、シアトルマリナーズのイチロー(Ichiro Suzuki)選手が引退を発表した。 その後、ニュースやワイドショーでは、イチロー選手の引退会見や功績についての話題で持ちきりだった。     ついには、ワイドショーにて、イチロー選手の父“チチロー”さんのインタビューまで。 様々なインタビューを見ながら思い出したのは、あるメジャーリーガーの父に […]

絵心ない私と油絵画家の友人

私は20代の頃、渡米して音響の専門学校に通っていた。 「ありやん(仲間内では”ありやん”と呼ばれている)、アメリカ行っとけ、行っとけ~♪」と背中を押した友人がいる。 ハサミもいろいろありまして その友人は、油絵画家として活躍している。 彼の名前は、“藤井路夫”君。 仲間内では尊敬の念を込めて藤井画伯と呼んでいる。 ふら~っと渡米してNYでしばらく暮ら […]

私にとってのD・I・Y

中学の時「技術」の授業で、木製の折りたたみ椅子を作成した。 座面と背もたれを制作して組み合わせる椅子。横から見るとアルファベットの“X”の形をしたものだ。 木材の切り出し、角を丸くする加工、ほぞ穴開け、ボルトナットの製作まで。時には工作機械なども使いながらの授業。     実際に完成した椅子は、少々ガタガタしていて座り心地も微妙だったが、作ってみて思ったのは「以外に…自分でもで […]

1 7