隊長!発信!

迷惑メール「お風呂の更新」と実家の詐欺電話

先日、ニュースを見ていたら…

「新型コロナウイルスのワクチン接種が、2月下旬までには接種開始できるように準備が進められている。」と言っていた。

そして数日後、またニュースを見ていたら…

自宅に電話をかけてきて「新型コロナウイルスのPDR検査とワクチンを接種できます。予約金として10万円が必要になります。」という手口の詐欺があったので注意を呼び掛けていた。

オレオレ詐欺から始まり、高齢者に向けた電話での詐欺手口もバリエーションが増え‥この思考力を何か別のことに使ったらいいのに‥と思うほど、スピード感のある悪だくみ。

これは電話だけに限ったことでなく、スタジオのメールボックスも様々な迷惑メールが届く。

フィッシングを狙った詐欺メールや、SPAMメールといわれる迷惑メール‥いつもは気にもとめず削除するのだが、時折、内容的に私達のフィルターにひっかかるものがある。

ロシアからのメール&お風呂の更新メール

迷惑メールは、日本語だけじゃない。

英語に次いで、中国語、韓国語、時にアラビア語もあった。

英文メールは、LED電球を進めてくるセールスメールから、ちょっと大人向けの内容もあったり、中には『あなたのHPをみました。マーケティングのお手伝いさせてください。販路拡大を狙いましょう。』というものもある。

グローバルなお誘いだが、こちらは山奥のひっそり営業。ギャップが激しい。

ここ最近、多くなってきたのが、ロシア語のメール。

受信したメールは即削除しているが「これって、なんて書かれているのだろう?」とふと思い、Google先生に聞いてみたところ「モスクワ市で働きませんか?」と翻訳された。

ウォッカ‥コザックダンス‥と頭によぎりつつ、求人募集ということは、スパイ採用?とくだらぬ想像をしてみる。

また別の日には、件名「風呂の更新」というメールが届いた。

クレジットカードなど期限があるものならわかるが、お風呂の更新とは何なのか‥異様に目立つ件名だ。

ジャグジーをつけるとか、浴室暖房をつけてグレードアップ!のようなことかと思えば、本文には「バスカバーのミンスク修理」という一文。

ネット翻訳で作成されたと思われる、不思議な文章の羅列。お風呂という生活に密着した事柄なので、怪しさ半減を狙えるのだろうか。

「風呂の更新」メールは、リスの気になるフィルターにもひっかかったようで、しばらく有川家で楽しいネタとして共有された。

お買い上げ額は、いつも¥262,622也

うちにやってくる迷惑メールで、一番多いのは、Amazonのふりをしてやってくるタイプ。

メール内容は‥

「残念ながら,アカウントAmazonを更新できませんでした。」
隊長:残念ながら、私のアカウント名は『Amazon』ではないのです。

「アカウント情報を確認する前に、アカウントへのアクセスを停止します。」
隊長:いや、確認する前に停止されたら、確認できないと思いますが。

いろいろとツッコミどころ満載の文面。

また、年始には「アマゾンで不審なお支払いが検出されました。今すぐ確認を。」というメールが、ほぼ毎日やってきた。

購入アイテムは書かれていないのだが、支払金額は、いつも¥262,622。

発信者は、数字の「2」と「6」が好きに違いない。

この手のモノは、ほとんぞ個人情報やクレジットカード番号を抜き取るためのフィッシングメール。

Amazonや大手銀行を名乗っていても、メールアドレスが大体おかしい。でも中には、フッターの住所などは正式な情報が記載されていたりするので、要注意。

またもや家庭内において‥

リス
リス
またアマゾンで不審な買い物があったって。
隊長
隊長
今日も26万円やろ。
リス
リス
隊長ちゃうん?何買ったん?
隊長
隊長
Macに決まってるやん。

とネタに発展している。

ちなみに、Amazonウエブサイトのヘルプ&カスタマーサービスには、「アカウントサービスで、パスワードやクレジットカード情報などの個人情報の開示を求めることはありません。」と記載あり。

実家にもかかってきた?!

この間、実家に帰った際、母から「老人ホームの加入権を販売する」不審な電話がかかってきたと聞いた。

仕事中に電話があり、『老人ホームの加入権についての話』をされたが、仕事中だからと一旦切った。

後日、これまた仕事中に、同じ人から電話がかかってきて、「先日の老人ホームの加入権、話を聞いた時点で契約になるので、お金を払ってください。支払いされない場合は、逮捕されることになります。」と言われたらしい。

老人ホーム入居権詐欺」で、ネット検索したら出てくるたぐいのモノだと思われる。

この忙しい時に何を言ってんねんと思った母は、「あ~、それなら刑務所でも、どこでも入りますので、そうしてください。」と返答したところ、それ以後、電話は無くなったそうだ。

強気な母らしい返答だが、不安になる人もいるかもしれない。

まさか、身内に詐欺電話がかかってくると思わなかったので、少々びっくりしつつ、今度あったら「警察に連絡する」ことを教えておいた。

もし実家に『新型コロナウイルスのワクチンを接種できる』と、電話がかかってきたとしたら…

警察に電話する前に、「あ~、もうかかってしまったらその時はその時。もう、なるようにしかなりませんわ。」と応対している母の姿を想像する息子だった。

ABOUT ME
Taicho
Taicho
studio untrapのサウンド担当。美容院の息子に生まれた影響からか。第一印象の人当たりは良し。「早く家に帰りたい」と「大丈夫、何とかなるじゃない~」が口癖。無難かつ合格ラインを見極めて進む『良い塩梅』派。
RELATED POST