隊長!発信!

両親とのランチは「コメダ珈琲」一択

隊長の実家は、琵琶湖の東側に位置している。

当スタジオのあるお山は、琵琶湖の西側。実家まで小一時間といったところだ。

両親は今、車を所有していない。
そのため、定期的に帰って、洗剤など重たい買い物などに一緒に出かけている。

たいてい昼頃に実家に到着し、昼ご飯を食べてから買い物というパターンが多い。

その時、どこで食べるかという話になるのだが、行く場所はいつも決まっている。

シロノワールで有名なコメダ珈琲店だ。

 

 

理由は、野菜サラダとパン

以前は、和食のサガミや、丸亀製麺、彦根にあるすし店「海座」に行っていたこともあるのだが、ここ最近はコメダ珈琲店一択。

その理由というのは、父の食生活にある。

実家では、近年、朝はお餅をお雑煮にして、昼はパン、夜はご飯というルーティーンらしい。

特に父は、昼はパン食が好み。さらに、野菜サラダ付きが必須というルール。

そして、少々難儀なことに、食へのこだわりが多い。

魚は新鮮でなければ食べないし、お肉も好ましくない。

そう、親子そろってクセのある食生活のため、なかなかどうして行ける店がなく、母とリスには文句を言われているが、こればかりはどうしようもない。

以前たまたま、珈琲でも飲もうと立ち寄ったコメダ珈琲店。

昔ながらの喫茶店のようであり、広い店内にソファ席。人もさほど多くなく、落ち着く雰囲気も好印象。

ランチに利用してみたところ、野菜サラダがあって、サンドイッチ、珈琲という組み合わせがビンゴ。

 

いつも頼むミニサラダ

 

この前は「これ美味しいね!」と、ドレッシングも購入していたくらい、お気に入り店となっている。

私達と一緒でなければ行けない

外食先は、父の一存で決まるわけでなく、母が選択権を握っている我が家。

オーダーに至っては、父の食べられそうなものを母がピックアップする。

それを私達が取りまとめて、リスがオーダー。

この一連の流れの中で、「えびかつパン」を頼む時に、リスが…

 

リス
リス
すいません。みんなでシェアするので、小さめに切ってもらうことできますか?

 

とお願いした。コメダ珈琲のサンドやバーガーは、とても大きい。

店員さんは快く受けてくださり、本来3等分のえびかつぱんが、綺麗に6等分されて運ばれてきた時、母は「そんなお願いをきいてもらえるの?!」と驚いていた。

 

6つに切ってもらうと、食べやすい◎

 

とはいえ、母としては、自分がオーダーするとしたら、そんなことお願いしづらい‥と思っている節もある雰囲気。

また、数あるメニューの中で、どれをオーダーするか選ぶのも大変。時には、食べやすく切ってもらって‥なんて、とてもハードルが高く感じるらしい。

「コメダは、あなたたちと一緒の時じゃなきゃ無理やわ。」と笑っている。

その横でリスは、店員さんに「すいません。お箸を二膳ください~」とお願いしていて、どこにいても、にぎやかな有川家である。

適量までの長い道のり

コメダ珈琲にて、我が家のお決まりメニューは‥

・ミニサラダ
・昼ランチのサンドイッチセット
・エビカツパン
・気分によって変わるもう一品(この日はたらこクリームパスタセット)

ドリンクは、父母がホットミルク。そして、私達がブレンドコーヒー。

もちろん、エビカツパンは六等分にカットしてもらうし、ミニサラダはお気に入りの和風ドレッシングをかけていただく。

今でこそ、このお決まりメニューが定着したが、ここに辿り着くまで‥まぁまぁ時間がかかった。

最初は、一人一品オーダーすることから始まったのだが、量が多すぎて‥結局は三分の一ほどお持ち帰り。

両親は、自分達が食べたい分を食べ終えたら、「はい。これも食べや~これもあるで~♪」と、“食べや食べや攻撃”にあい、お腹がパンでいっぱいになった。

ある時は、目新しくピザを頼んでみたら、父が「ベーコンが入っているから、ちょっと難しい。」と、まさかの拒絶反応。

隊長もベーコン入りは食べられないため、この時は、リスのお腹はピザでいっぱいになった。

 

 

そんな紆余曲折を経て‥最近、ようやく頼む適量がわかってきた。

父母の様子を見て、食べたいもののリクエストにこたえつつ、量が多いメニューの場合は、こちらに回ってくることも想定しつつ、自分達の食べる分をオーダー。

ある意味「志向を選び、分量も食べ方も調節して注文してくれる人」と、外食することが心地よいのかも知れない。

また近々、携帯電話の機種交換に付き添うことになっているが、「昼はどこがいい?」と尋ねたら「コメダでええやん。」と、予想通りの答えの母。

まだまだ、コメダ一択は続きそうです。

 

 


 

〈 Pick up ★〉

コメダ珈琲おなじみの豆菓子。

うちでは、お持ち帰りして、家でお茶菓子にさせてもらっています♪

ABOUT ME
Taicho
Taicho
studio untrapのサウンド担当。美容院の息子に生まれた影響からか。第一印象の人当たりは良し。「早く家に帰りたい」と「大丈夫、何とかなるじゃない~」が口癖。無難かつ合格ラインを見極めて進む『良い塩梅』派。
RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. アバター yuki より:

    笑 男子親子の食が似ているのですね〜。一人じゃなくて良かったかもですね。

    • Taicho Taicho より:

      遺伝でしょうか…?食の他に、ショッピングセンター内とフラフラと歩き回るところも似ているようです。