サウンド

1/2ページ

「最近の若者は・・・」論

最近の若い者は…   約5000年前のエジプトの遺跡から「最近の若者はなっていない、わしの若いころは・・・」という象形文字が見つかったなんて話があったと聞くが、真相はどうなんだろうか? ただ悲しいかな。 昔から若者は”けしからん”と言われる対象になることが多いと思う。 最近の若者事情はどうなのだろうかと考えている最中、20代の若者と仕事を共にすることが何度かあった […]

HAMORI-BE CONERT TOUR

HAMORI-BE CONCERT TOUR 2019 私達が担当させていただいている HAMORI-BE CONCERT TOUR。 2011年からご一緒させていただき、今年で9回目となります。 HAMORI-BEさんは、童謡・唱歌・日本の歌を歌い継いでいきたいという思いで活動されている、男性2人ユニット。   HAMORI-BE(はもりべ) 左:小原有貴さん / 右:中川公志さん & […]

Keisuke Kuwata / 桑田佳祐

今まで一番良く聴いたCDかもしれない。 プロデューサーという仕事があることは知っていたが、初めて意識して聞いたCD。30年以上前の音源なのに、まったく古さを感じない一枚。   Keisuke Kuwata / 桑田佳祐   (1988) 今、聞いても新鮮度 ★★★ サザンオールスターズと同じ度 ★☆☆ ちょっと何って歌ってるかわからない度 ★★★   ● 隊長の視点 音楽CDの […]

球場がコンサート会場へ変身@星野源”POPVIRUS”

先日「星野源 DOME TOUR “POP VIRUS”名古屋ドーム」に行った。 お仕事以外のコンサートに行くのは久しぶり。また、ドーム球場に野球観戦以外で行くのは、初めての経験だ。 昨年から急速に星野源ファンとなったリスは、朝からソワソワ。いざ、ナゴヤドームへ。   さまざまなコンサート会場 コンサートホール以外で音響のオペレーションを行うことも多い。 幼稚園や […]

何の楽器が聞こえる?-楽曲解析のススメ-

リスが応募した星野源PopVirusコンサートツアー。 いよいよ2週間後に迫り、リスは楽曲の聞き込みに余念がない。 先日も仕事で現場に移動する車中、例のよって例のごとくBGMは星野源氏。     何十回?いや何百回、聴いただろう。 そう2017年に”恋ダンス”で日本で一大ブームになった、あの「恋」が流れてきた。 聴いているポイントはどこ? 隊長:「『恋』 […]

“何” で聴くかで音は変わる

先日、ダンスミュージックを作曲している知り合いの若者が「結構な数の楽曲が出来たので、一度、聴いてくださいよ~。」と、スタジオにやってきた。 彼の作っている音楽は、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)と呼ばれ、シンセサイザーや、リズムマシン等を用いコンピューターで作曲を行う。     機材のセッティングも終わり「じゃぁ、聴いてみましょう。」と試聴会が始まると、若者は「 […]

シアターライブを見に、レイトショーへ行く

先日、シアターライブを観に映画館に行った。 映画館に行くのは久しぶり。 映画館のウェブサイトで上映スケジュールを見るついでに、館の情報や料金を調査する。 映画の日(12月1日)や、毎月1日は映画の割引があるの知っていたのだが、水曜日のレディースディ、夫婦のどちらかが50歳以上なら割引(ただし、同じ映画作品を観ないと割り引かれない)など、1,000円ちょっとで映画を観る割引がこんなにあったのかと、ち […]

この号だけは毎年購入!-サウンド&レコーディングマガジン1月号-

今でこそ、いろいろな情報を得る時は、ネット検索が主流。 中には「これ本当?」な情報もあるが、Google先生の力を借りつつ、程よく活用させてもらっている。 私の青年期と言えば、インターネットなどこれっぽっちも無い時代。情報は、書籍や雑誌から取得するのが常だった。 高校時代、衝撃の出会い”レコーディングマガジン 創刊号” 高校生時代。バンド活動をしている時から、” […]

ロックなマイクの持ち方は嫌いです

レコーディングやコンサート音響で音を扱うサウンドエンジニアにとって、音の入り口であるマイクは、とても重要。 歌声・楽器から収音する場合、マイクを置く位置、音源からの距離、マイクの向きなどにも注意を払っている。 一度は見たことがある?58マイク コンサートやTVの音楽番組などでよく見かけるマイクがある。 アメリカSHURE社が製造しているSM58というマイクだ。通称「ゴッパ」。   ※写真 […]

CDリリースラッシュ

春・夏にまいた種が、ようやく実を結び収穫を迎える秋。 以前に書いた「芸術の秋に向けてCD制作期」の音源も、CD製造(CDプレスとも言う)が完了。先日から続々と、リリース(発売)開始となりました。 録音後も作業が続きます 録音後。 その音源ですぐにCDが出来るのでは無く、いろいろな作業を経て、完成版となる。 いろいろな作業というのは、大きく分けて編集、調整、CDマスター盤の制作といったところ。 ・編 […]