めでたい指さし確認

おうちで粉もん、初もんじゃ焼き記

「どこいっても無いんやから・・・」

昨日、スーパーに行ったら…すれ違いで出てきた親子。

「もうしばらく、できひんよ。どこいっても、ホットケーキミックスが無いんやから。」

母が息子さんをなぐさめるように、話しかけている。小学生くらいの男の子は、残念そうに下向き加減だ。

SNSやスーパーの棚を見て感じてはいたが、ホットケーキミックスが、世間では品薄状態。

 

 

ホットケーキミックスを買うことがない我が家では、いまいち実感はなかったが、まさに、その光景を映した親子だった。

ホットケーキミックスは、ホットケーキを作るだけでなく、ドーナツやアメリカンドッグなど、その他のお菓子作りにも代用できるので、手軽で人気らしい。

おうち生活では、確かに “楽しい” を食に求める傾向にあると思う。子供さんがいる家庭では、特にそうなのかもしれない。

みんなでホットケーキを作る…楽しい&美味しい時間。

 

 

さっきの男の子にも届けてあげたい。

リスの「もんじゃ焼き」発言。

先日、いきなりリスが突然こんなことを言い出した。

リス
リス
なぁなぁ、もんじゃ焼きしてみよう~♪
隊長
隊長
なぜに突然?
リス
リス
急に、食べてみたくなった!!

お好み焼き、たこ焼き、ネギ焼き、一銭洋食等々、根強い粉モン文化がある関西。「一家に一台、タコ焼き機」も伊達じゃない。

そんな関西だけど、もんじゃ焼きは、ちょっと縁遠い。

 

リスはこれまで「もんじゃ焼き」を食べたことがないそうだ。

確かに、数ある粉モノの中で、自宅で「もんじゃ焼き」を作ったことは無い。

スーパーでは、お好み焼き粉やたこ焼き粉と一緒に、もんじゃ焼きセットも見かけたことがあるし、新しいことに挑戦してみるのも、楽しいかもしれない。

思い立ったが吉日!と、おうちで「もんじゃ」に挑戦することにした。

ちなみに、隊長は東京・千葉の友人に連れられて、もんじゃ焼き屋さんに行った経験はあり。

リス
リス
もんじゃ焼きって、どんな感じ?美味しい?
隊長
隊長
ぺたーんと、押し付ける感じ。
リス
リス
いや、そういうことじゃなくて・・

パッケージには「月島」「浅草」の文字が並び、味は「ソース味」「しょうゆ味」の二種を発見。ここでおさらい。

もんじゃ焼き(もんじゃやき)とは・・・

ゆるく水溶きした小麦粉を鉄板で調理して食べる東京近郊のローカルフード。

「粉もの」料理の一つで、小麦粉を水に溶き、鉄板の上に流して焼く。お好み焼きに似た食べ物であるが、生地の粉液比が非常に低いうえに、ソースなどの調味料を一緒に混ぜ込んでしまうため、加熱後の鉄板上においても糊状で固形化しないのが特徴。

鉄板にへらで押さえつけて焼きながら食べるので、鉄板に接する部分は程良く焦げた状態で歯ごたえもあるが、押さえつけによる加熱が足りない部分などは粘った状態となる。

東京のもんじゃ焼き店、古くからの店が残るのは墨田区・江東区・台東区・葛飾区・足立区・荒川区等の下町に限られる。観光地として有名なのは、月島と浅草である。

(wikipediaより抜粋)

なるほど、パッケージの「月島」と「浅草」はそこから来ているのね。

 

 

とりあえず、味比べしてみようと全種類購入してみた。

おうちで、初もんじゃ焼き

もんじゃ焼きセットには…粉・ソース・天かす・えび切りいか・青のりが入っている。

 

 

キャベツと水さえ用意すればOKという、手軽さ。

説明書通りに作っていくのだが、まずはじめに…粉と水とソースを混ぜる。

 

ソースを混ぜる!?!?第一の衝撃。

 

ちょっとしゃばい(さらっとした)ソースを入れて混ぜ混ぜし、茶色の素ができた。

次に、キャベツと天かすと干しいかをいれる。

 

 

そして、温めたホットプレートに、この具の部分だけを先にいれて炒める。

 

 

キャベツがしなっとしたら、丸く土手を作って‥

 

 

粉とソースの茶色の素を入れる。沸騰してきたら、すべてを混ぜ混ぜ。青のりをかけて完成!

 

…見ためは、やはりよくない。

 

そして、焦げたところをコテにくっつけて、ぱくっ。

リス
リス
思っていたより、美味しいやん。
隊長
隊長
意外にいいね、おうちもんじゃ。

関東のみなさま、ごめんなさい。もんじゃ焼きを甘くみておりました。

隊長のオススメ+よく聞くトッピングもお試し。

 

もち・明太子・いかフライ・ベビースターラーメン

 

「餅めんたい」は、ぴりとするような、餅っとするような。ベビースターラーメンとイカフライは、香ばしさが増す感じ。

ちなみに、浅草と月島は、月島のほうがソース味が強め+干しいかが細長く切られていて、主張あり。

意外だったのが、しょうゆ味。

出汁がきいているので、素のたこ焼きの中身を食べたような味に感じられた。要するに、美味しいのだ。

鉄板はエンタメ?!

おうちごはん、ビールにもんじゃ。

もんじゃ焼きは、お好み焼きに比べて、軽いおつまみ感覚。駄菓子屋さんで子供さんがおやつとして食べるのも納得がいった。

 

 

この小さなコテに少しずつとって食べる “ちまっと感” がいい。

リス
リス
これって、食のライブなんやな。
隊長
隊長
は?鉄板テンタメってこと?
リス
リス
そうそう。出されたものを食べるのじゃなくて、参加して、失敗したり焦げたりしながら、熱々を食べるライブ感が楽しい。

関西では” タコパ”があるくらい、鉄板を囲むごはんは楽しいもの。(補足:タコパ=たこ焼きパーティー)

これまでもそんなことはわかっていたけれど、この色々と制限された状況において、食のライブ感は、いつも以上に楽しさを掻き立てる気がした。

結論。「鉄板でご飯を食べるのはライブ」である。

そして、味が違うからと欲張って3枚も食べるのは、食べ過ぎである。

 

 

ABOUT ME
Taicho and Risu
Taicho and Risu
15歳差凸凹夫婦が、今気になる様々なモノやコトについて綴ります。毎週火・木曜日更新!各種SNS&LINEで、更新情報をお知らせします。フォローミープリーズ♪
RELATED POST