お仕事手帖

竹田景子ピアノリサイタル

オールショパンプログラムによるピアノコンサート。

竹田景子さんにチラシ・チケット・プログラムのデザイン依頼をいただきました。

竹田景子ピアノリサイタル

ピアニスト・竹田景子さんとは、音響で入っているコンサートで伴奏をされていたことからの出会い。

凛とした佇まいと、知的な気品を感じる一方、笑顔がとても素敵な竹田さん。

とある本番前、私がスマホで時間を確認していたら…「あ!かわいい!」と声をかけてくださった。

待ち受け画面の黒猫(黒助)写真への反応で、猫好きという共通点も発見。

今回、3月に宝塚ベガホールでピアノリサイタルを開催されるということで、ご依頼をいただいた。

 

 

初めてご依頼いただくときは、どんなデザインにしようかと悩むことが多い。

クラシックに関しての知識が少ない私は、ひとまず、演奏予定の楽曲を聞きながら、演奏家の歴史を調べることからはじめる。

ショパンが映すもの

デザインのご希望は…

シンプルで、華やかになりすぎず、かといって、病んだ部分が出すぎるのも違うかな、と伺っていた。

7歳から作曲をはじめ、ピアノの詩人と評された天才作曲家。だが、病弱で39歳で結核で亡くなったショパン。

現在、私は39歳…今もなお世界中の人に愛される名曲をあれだけ残した偉大さを考えると、ちょっと想像もつかない領域。

チラシのデザインでよく見かけるのは、ショパンの肖像や、パリやウィーンなどの風景や建物の写真を使ったもの。

でもそうすると、とてもイメージが絞られてしまうし、何か違うなぁと思いながら楽曲を聞いていたら …

華やかさ、哀しさ、繊細さ、色々な要素が入り混ざる旋律が “ 絵画 ” っぽく感じられた。それがヒントになった。

 

 

楽曲は、演奏する人によって、全然印象が変わるからおもしろい。

竹田さんが表現するショパンは、何を映すだろう … とても楽しみです♪

 


 

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”18px”] コンサート情報

竹田景子ピアノリサイタル

[日時] 2020年3月8日(日)
13:30開場 / 14:00開演

[会場] 宝塚ベガホール (兵庫県・宝塚市)

[料金]
一般:2,500円(前売)/ 3,000円(当日)
学生:1,500円

★ 詳細・お申し込みは 竹田景子さんブログ をご覧ください。

 

ABOUT ME
risu
risu
studio untrap デザイン担当。物事の順序の組み立て&アイデアの接着が得意。気になることはとことん調べる、調査能力はコナン級。最近気になるもの:Youtube「ロザンの楽屋」 / アリクイ
RELATED POST