隊長&リス

2/3ページ

私達が感じた「羊と鋼の森」の世界

羊と鋼の森 昨年、リスが読んでいた小説「羊と鋼の森」(2016年第13回本屋大賞受賞作)が映画化。今日から公開されたようだ。 この物語は、ピアノの調律師の世界を描いた作品。⇒ 「羊と鋼の森」公式サイト   私達は、コンサートの音響、コンサートホールでの録音、ホールの管理などをおこなっていることもあり、職業柄、調律師の方と会う機会も多い。 この仕事をする前は「調律師」という職業があるのは知 […]

目の前の壁に挑む

人生において、避けて通れない壁が存在する。 その壁に果敢に挑んでいく人もいる。壁の前で立ちつくす人もいる。 今日は、その壁に果敢に挑んでいく人の物語。 目の前の壁に挑む 今回挑戦してきたのは、ボルダリング。 ボルダリングというのは、「高さ5メートル以下の壁に設定された複数のボルダー(コース)を、制限時間内にいくつ登れたかを競う競技」です。※日本山岳・スポーツクライミング協会より 私たちの初ボルダリ […]

めでたいT販売・第一弾

販売企画第一弾・始動 先日の記事(めでたいTプロジェクト始動)を読んで下さった方から、なんと! 「Tシャツが欲しい」という、まさかの嬉しいお声が届きました★それならば~と制作を検討していたら‥ 使用したユニクロのTシャツが25日から4日間セール対象に!通常1枚¥590(3枚まとめ買いで¥500)⇒ ¥390(税抜)となっています。 これはチャンス!とばかりに、一気に動き出したTシャツ販売第一弾♪ […]

スキな音&キライな音

5月も下旬。 ついにやってきた、この季節。 それは深夜、突然やってくる。 「ブィ~ン」 「プウィ~ン」 耳元に近づくあの音。 羽音を響かせ、安眠を妨害する「蚊」の襲来。。。 大きい音ではないけど、耳につく嫌な音。 昨晩は、なんとかすぐに発見できたので、駆除できましたが‥あの音にまとわりつかれると、たまらないものです。     今日は、音の発生源である蚊の話。ではなく、音について […]

めでたいTプロジェクト発動

4月に製作しためでたいバッジ。 スタジオにご来店いただいた方や出会えた方々にお渡しすると共に、日々お世話になっている方に勝手に送り付けました。 隊長のマラソン師匠にもお送りしたところ、こんなメッセージが… 「よろしいロゴマークですな。このロゴでTシャツ作りましょか?めでたいランニングクラブの誕生です。」 いつの間にか「めでたいランニングクラブ」が誕生していました。 めでたいグッズ製作プロジェクト発 […]

どうなる?!CD!?

ミスターな子供たちの衝撃 5/10に飛び込んできたニュースに、隊長が反応した。 Mr.Childrenが全アルバム&シングルをダウンロード配信開始、サブスクリプションも。 http://www.mrchildren.jp/news/ ~ サブスクリプションとは ~ 一ヶ月¥○○○で、そのサービスに登録されている楽曲なら、何曲でも聞き放題というような仕組み。音楽配信サービスのSpotifyなどが有名 […]

アントラップ流GWの過ごし方(2018年Ver)

GW真っ只中、皆様いかがお過ごしでしょうか? 例年に比べて気温が少し低く感じますね。お山では、夜に未だヒーターをつけて過ごしています。 本日は、アントラップ流GWの過ごし方について。 世の中はGW スタジオアントラップのあるお山は、滋賀県大津市の北部。 この辺りはGWや夏休みの土日になると、道路がとても混雑します。 みんないったいどこに行くんでしょ?という車、クルマ、くるま。   &nb […]

youtube「あの子はたあれ物語」

スタジオのHPを見て‥メールをくださったのが昨年の11月頃。 童謡100周年を記念してYouTube用動画を制作されていて、その動画に歌入れをしたい、というご相談でした。 お話を詳しくお伺いさせていただくと‥ 動画は、童謡「あの子はたぁれ」「ちんから峠」の作者である滋賀県出身の詩人「細川雄太郎」先生の物語。企画立案、構成、音楽制作(作詞作曲編曲/コンピューターを駆使した音源作成)、写真撮影、イラス […]

紳士のスポーツに挑戦する

ゴルフ。 マナーに厳しい紳士のスポーツ。 諸説ありますが、ゴルフはスコットランドの上流階級の人々の遊びとして誕生したとされており、上流階級の人々のマナーが現在も根強くゴルフのマナーとして残っているなんて言われています。 隊長は、小学校時代の卒業文集に「プロゴルファーへの夢」なんてことを書いておりましたが…今までコースに出たことも無く、練習場にいったことも2回程度。。     リ […]

Google先生との付き合い方

先日、燃えないゴミを整理していた時の話。 空き瓶のフタをひとまとめにしている最中‥「こんな風にフタを使っている人たちっていたよねー?」と、瓶の蓋を口の下にあてて、質問をなげかける隊長。 リスにとっては、質問の意味が少々わからないながら、頭に浮かんだのは、黒人さんの部族でいたような‥見たことあるような‥ 「いた気がする。けど、なんとな~くイメージできるくらいで、よく知らんけど~」 わからないことがあ […]