めでたい会議

昭和のお宝?!ストック市?

昨年、両親が「終活せなあかんと思って家を片付けてるんやけど、いろいろと出てきたモノがあるから見にきて。」と連絡してきた。

「いろいろと出てきたモノがある」とは、何ぞや?…とりあえず、見に行ってみることにした。

しまっておく家系?

実家に着いて家に入ると、そこにはいろんな段ボール箱の山が。

 

イメージ画(ちょっと盛ってます)

 

段ボール箱の中には一体何が入っているのか?

確認してみると、そこにレトロな食器・漆器、鍋を発見。

食器の説明書きのような紙が入っていて、その紙には「製造:昭和〇〇年」という文字。何十年前?いや、ほぼ半世紀も前のモノがそこにあった。

 

不具合があった時、
問い合わせるハガキの有効期間は昭和59年まで。

 

頂いたものは、とりあえずしまっておく…なかなか日常使いには出来ない…いただいたものは捨てられない…アリカワ家の面々。

隊長も、そんな一面を持ち合わせているので、これは血筋か家系に間違いないだろう。

ほぼ半世紀前のものといっても、今では見られないポップな色使いやカタチのものもある。また、内祝などでいただいたモノなので、すべて未使用品。

漆器のセットや有田焼の湯飲みセットなどは、木箱効果も加わってか、高級品オーラを放っている…気がする。

 

有田焼は、箱に献上の文字
趣のある夫婦茶碗と湯飲みのセット

何やらレトロなおぼん3枚セット

気になる伝統の文字
中を開けてみると…

すずりに筆。そろばん!
DENTO!

 

また、貝殻の詰め合わせのような箱も2つ発見した。

 

驚くべきサイズの貝殻!
どこの海から来たのだろう‥

 

父が外国航路の船乗りだったので、お土産がてら、一風変わったモノをよく持って帰ってきた。これらの貝殻もその仲間たち。

父に「雑貨店に飾ったらいい」と言われたものの、お山の雑貨店に貝殻ってのも…なかなかミスマッチだ。

でも、日本の海辺では見られない貝殻であることは、確か。

半世紀近く眠っていた箱たちを開けながら…親から息子へ、貯め込んだ贈答品をどうするか?の決定権のバトンが渡されたのだった。

ストック市でもしますか?

リス
リス
確かに古いけれど、陶器もお鍋も、全然使えるよね?
隊長
隊長
『三丁目の夕日』とかの小道具にならんか?
リス
リス
もしかしたら、今は買えないデザインだからこそ、欲しい人もいるかも。せっかくやし、雑貨店にきたお客様に見てもらったらどうやろか?
隊長
隊長
ストック市でもしますか?オヤマストック。

オヤマストック…かの有名野外イベントWoodstockを真似てはいるが、ただの「お持ち帰りくださいイベント」である。

とりあえず持って帰ろうか…と、大量の段ボール箱はお山に運ぶことにした。

値段をつける?つけない?会議

持って帰ったところで、内容物のチェック。

陶器や食器自体は無事であっても、箱や詰め物などは汚れているし、オヤマストックを開催するにしても、ひととおり洗って状態をチェックして、箱に詰めなおす必要はある。

ということで時間ができたら、少しづつ食器や陶器を洗っては、箱に詰めなおし。

中に、漆塗りの漆器があって、模様も入っていないし、今でも十分使えそうな風貌のお椀セットがあった。

モノは良さそうなんだけど、我が家で使うのは、やっぱり似合わない。

おもむろに、ヤフオクで値段を調べ始める隊長。

隊長
隊長
え〜、意外にええ値段ついてますやん。ヤフオクする?
リス
リス
梱包して配送する手間がめんどくさいもん。欲しい人がいたら、もらってもらお。

そんな話をしていた時、お世話になっている方にオヤマストックを話してみたところ、『「無料でどうぞ。」よりも値段がついていたほうが持ち帰りやすいかも…』と、教えていただいた。

なるほど、確かに。無料といわれると、逆に気をつかうのもわかる気がする。

ならば、安!という値段でもつけてしまったほうがいいかも。…と思いつつ、相場がわからないので、これがまた難しかったりする。

貝殻は、いっそのこと量り売り案も浮上中。

ストック市は近日開催予定

半世紀近く眠っていたモノたちは、そのまま処分される予定だった。

その中の一つでも、どなたかが欲しいと言って下さったら、眠っていた器たちも喜ぶはず。

ということで、オヤマストック市は近日開催予定で準備中。

食器も陶器もお鍋も、使ってもらってなんぼ。

押し入れの中で眠っていた器たちに、新しい貰い手さんは現れるだろうか。

使われないままだと綺麗は綺麗だけど、このお鍋の説明書きのように…使ってもらいながら、美しさを保てたらいいのになぁ。

 

貴方のように!!

 

説明書きにも時代を感じます。

昭和の時代へタイムスリップ~オヤマストックお楽しみに♪

 

ABOUT ME
Taicho and Risu
15歳差凸凹夫婦が、今気になる様々なモノやコトについて綴ります。毎週二回更新!各種SNS&LINEで、更新情報をお知らせします。フォローミープリーズ♪
RELATED POST