「隊長」の検索結果 44件

2/5ページ

幸せに働く

お山のある滋賀県大津市北部では、避難勧告がでていますが、私達は大丈夫です。 数日間降り続いた雨もようやく小ぶりになってきました。 どうか被害がこれ以上大きくなりませんように‥。 今日は「幸せに働く」ことについて考えます。 会社を辞めてスタジオを始める 人生において、いろいろと方向転換をする場面に出会う。 スタジオを始める前、隊長は会社員だった。 ゲーム産業、電子おもちゃ関係で利益を上げていたが、ス […]

私の図書館活用法

図書館とワタシ 私が図書館に行くようになったのは、一人暮らしをはじめてから。 本を読む習慣のない両親と過ごした子供時代は、本は少し遠い存在だった。 歩いていける距離に図書館はなかったし、学校の図書室では、クラスで流行していた「歴史の漫画」ブームにのって「卑弥呼」を読んだくらい。 夏休みの宿題:読書感想文にいたっては「本のカバーに書かれた要約部分でも読んでテキトーに書いたらいい。」と言う破天荒な母。 […]

サウンドフェスタ2018へゆく

フェスに行ってきた 先週、グランキューブ大阪にて行われた「サウンドフェスタ」に行ってきた。     サウンドフェスタといっても、夏の海沿いや山麓で行われる「なんちゃらソニック」「なんちゃらロック」というような音楽イベントとは違って、いわゆる展示会のようなもの。 このフェスタは、毎年6月の後半に行われていて、私は二年に一度くらいの割合で足を運ぶことにしている。 新しい音響技術や、 […]

めでたい流W杯観戦

学生時代。 リスはテニス、隊長はソフトボールを、まぁまぁ頑張ってやってました。 スポーツは、割と好きな私達。 最近は、ランニング、ゴルフ、ボルダリングなどにチャレンジしております。 スポーツTV観戦では、野球・サッカー・バスケット・アメフト…浅く広く観戦中。昨日もしっかり観戦しました♪ にわかスポーツファン 巷のトレンドには疎い私たちですが、地上波で放送されるようなビッグイベントは、わりと見ている […]

私たちのイベント回顧録

先日、神戸へ打ち合わせに行った帰り、Cafeに立ち寄った。 宝塚にある cafe DOOR。     DOORのオーナーは、リスの昔の同僚。 以前「歌とピクニック」(2011年・2012年に兵庫県丹波市で開催)というイベントでご一緒した。 イベントでは、たくさんの経験も学びもあったし、その時出会った方々との素敵なご縁は今も継続している。 今思えば、あの時にしかできなかったコトだ […]

弟と空白の15年間

弟が2人おります 私は3人兄弟。 6歳違いと8歳違いの弟が2人。 弟が生まれる時、私は幼稚園の年長さんだったので、それなりに記憶も残っている。 出産の時は、数週間おばあちゃんの家で暮らしたことも、弟誕生の知らせには、妹じゃないのかとがっかりしたことも。 布おむつの洗濯後は、たたむのを手伝った。 長い輪っか状でバンビちゃんが青いインクでプリントされていた白い布おむつ。 ミルクを作って適温にしたり、ゲ […]

めでたいT販売報告

先日のめでたいTシャツ販売第一弾。 おかげさまで、合計17枚のご注文をいただきまして、納品を完了いたしました! お届けするまでに少し時間がかかってしまいまして…その一部始終を公開します。 受注分の制作へ 販売第1弾の”めでたいTシャツ”は、ユニクロのTシャツを利用。 セール対象となった数日間にネットストアも利用して、ご注文いただいた全てのご希望カラー/サイズを仕入れることが […]

生きもの論

物心ついた時には、犬がいた。 マルチーズ、名前は「リーチ」。麻雀好きの父が命名。 この「リーチ」から、これまで7匹の犬と3匹のネコ。その他、うさぎに…帰り道に拾った手乗りインコ。 常に生き物と一緒に過ごしてきたこともあってか、私は動物や生き物がスキ。 犬のトリマー、動物園や水族館の飼育係、イルカショーのトレーナー、動物と接する仕事を考えたこともある。 最近、生きものとの関わり方について、考えを巡ら […]

コアラ気質

心フラット 喜。心、舞い上がる。 怒。心、沸騰する。 哀。心、沈む。 楽。心、弾む。 その他、さまざまな感情があるけれど、私の中で大切なのは‥心がフラットな状態。 音楽記号の♭ではなく、英語で平らを意味するフラット。 心が整頓されてざわめきのない状態を保てるかどうか。 言ってしまえばなんら当たり前のことに思うけど、これがムズカシイ。     要は心の在り方なんだろうけど、そんな […]

目の前の壁に挑む

人生において、避けて通れない壁が存在する。 その壁に果敢に挑んでいく人もいる。壁の前で立ちつくす人もいる。 今日は、その壁に果敢に挑んでいく人の物語。 目の前の壁に挑む 今回挑戦してきたのは、ボルダリング。 ボルダリングというのは、「高さ5メートル以下の壁に設定された複数のボルダー(コース)を、制限時間内にいくつ登れたかを競う競技」です。※日本山岳・スポーツクライミング協会より 私たちの初ボルダリ […]

1 2 5