リスノ巣箱

ありがとうを伝えるヒト

先日のとある曇りの日。

庭の整備をしていたら…手は痛いし、体力も尽きてヘトヘト‥身体も冷えて‥気づけば15時過ぎ。

ご飯を準備する気力がなかったので、三井寺の開運そばへ向かった。

 

 

お気に入りの「きつねあんかけそば」を食べて、体力回復!生姜たっぷりで身体もほっこり。

夕方だったので、誰もお客様はいなくて私達だけ。

お会計で隊長が「ありがとうございました~!」と言う声が、いつもよりしっかり聞こえてきて‥

その時「ありがとう」と伝える人で良かったなぁ。ふとそんなことを思った。

ありがとうを伝える理由

私は、買い物をする時、店員さんに「ありがとうございます」と伝えることが多く、飲食店では「ご馳走様でした。美味しかったです!」と伝える。

もちろん、不愉快な気分になるようなことがあったり、美味しいと思わなかった時は言わないし、嘘はつかない。

でも、そうするようになったのは、自分が接客していた時、伝えてもらえることが嬉しかったから‥に尽きる。

たった一言かけてもらっただけで、疲れがふっとぶほど、嬉しかったこともあった。

隊長を見ていると、お会計でいつも「ありがとう!」「ありがとうございます~」と言っていて、ちょっと不思議だった。

なんで「ありがとう」って言うの?と聞いてみると、「なんか楽しいやん。これもコミュニケーションやん。」とわかるようでわからない答え。

もうちょっと掘り下げて聞いてみると‥どうもアメリカに留学していた時の出来事が大きいらしい。

スーパーでレジで並ぶ時、レジさんがのんびりしていても、誰もイライラすることもなく、清算前のモノを食べながら、後ろの人と会話を始めたり‥

建物に入る時、前の人が必ずといっていいほど、ドアを開けてくれていて「サンキュー」と話したり‥

一番びっくりしたのは、バスに乗ったときのコト。

 

 

運転手さんが運転中に「ちょっと待ってて~」とお昼ご飯を買いに行ったという。

そして、戻ってきたら、常連らしき乗客が「今日のランチはなに?」「今日はサンドイッチだよ~」と笑いながら、出発進行。

このコミュニケーションが楽しかったらしい。

礼儀も文化も違うので、日本で同じようなことが起こらないのはわかるけれど、サービスを提供する側も受ける側も、対等な関係がいいなと思う。

同級生の友人の対応に感服

コミュニケーションといえば、今でも忘れられないことがある。

もうかれこれ20年ほど前‥友人の男子と、梅田の地下にあるチケット売り場に並んでいた時のこと。

 

 

購入する人が多く並び列ができていた。最後尾に並んでいたら…

小柄なおばあさんが、私達の前にすっと入った。

わざと割り込んだのか、気がついていないのか‥微妙だったのだけど、順番抜かし的にルールを守らない人がキライな私は、一瞬ムッとした。

「すいません、並んでいたんですが…」と私が言い出そうかと思う前に、後ろに人がいたことに気づいたおばあさん。

すると、友人の彼が笑って声をかけた。

「ええよええよ。おばあちゃん並んどき~~。」

おばあちゃんは笑顔で「ありがとう」と言い、順番が来るまでの時間、ちょっと会話したりしながら優しい空気が流れた。

彼の心の大きさと比べ、なんて自分はちっちゃいんだろうと痛感。

あの時、私が先に話しかけていたら、こんな空気にはなっていない。

おばあちゃんの笑顔を見ることもなかったはず。

彼は、場を明るくして、周りを巻き込んでいくパワーがある人で‥

いつも周りに優しい気遣いができて、コミュニケーション力の高さがすごいなぁと思ってたし、天性のものだとも思ってきた。

でも、今思えば、彼も「楽しいほうがいいやん」という気持ちがあるだろうなと思う。

言葉がけひとつで、想定していた展開が一瞬にして変わる様子を目の当たりにして、彼が周りから愛される理由がわかった気がした出来事だった。

今は都会に就職したので、なかなか会えないけれど、いつ出会っても刺激をもらう友人の一人だ。

 

 

日常において、一番身近なコミュニケーションは「ありがとう」きっかけが多い。

相方が「ありがとう」を伝えるヒトで、そのやりとりをまた楽しんでいたことは、なんとも和やかで安心するし良かったなぁと思う。

お店をはじめたことで、お客様とお話する時間がとても楽しいと感じる中、どんな立場の時でも「ありがとう」からはじまるやりとりを大事に‥そして、楽しんでゆきたい。

 

ABOUT ME
risu
risu
studio untrap デザイン担当。物事の順序の組み立て&アイデアの接着が得意。気になることはとことん調べる、調査能力はコナン級。最近気になるもの:Youtube「ロザンの楽屋」 / アリクイ
RELATED POST