「リス」の検索結果 15件

1/2ページ

リスは叶え組。

水曜日は、リスが発信担当となりました! コラム・エッセイ風に綴ってまいりますので、どうぞお手柔らかに~よろしくお願いします。 第1回目は、本名よりも根付いた“私の呼び名”から、スタート! すっかり「リス」気分 リスと呼ばれて、早20年が過ぎた。 私は子供の頃、世にいう女の子らしくない子で‥赤い風船よりも青い風船、フルーツパフェよりもクリームソーダが好きだった。 キャラクターもの(キティちゃんをはじ […]

Google先生との付き合い方

先日、燃えないゴミを整理していた時の話。 空き瓶のフタをひとまとめにしている最中‥「こんな風にフタを使っている人たちっていたよねー?」と、瓶の蓋を口の下にあてて、質問をなげかける隊長。 リスにとっては、質問の意味が少々わからないながら、頭に浮かんだのは、黒人さんの部族でいたような‥見たことあるような‥ 「いた気がする。けど、なんとな~くイメージできるくらいで、よく知らんけど~」 わからないことがあ […]

映画のしがみ方

映画の娯楽ポジション 「根っからの映画好き」からはほど遠く、映画館に行くのは年に1回あるかないか。 レンタルして見るのも、年に1回あるかないか。 配信で思い立った時にすぐ見れるものから選んで‥年に20~30回見るくらいだろうか。 私達にとって、映画は‥     気分・タイミング・時間がうまく重なった時に選択する位置の娯楽。 昔から「あ~今日は暇だなぁ~」とかの日よりも、納品完了 […]

めでたいバッジの制作

先日の「つかみのバッジ作戦」から2週間…ついに完成しました!! 今日はその制作過程の全貌を公開~♪ バッジ・赤+αの3色展開 早速、じゃん!めでたいバッジ完成!!     バッジ本体で悩んだことが2つある。 まず、デザイン。 メデタイ君(マーク)だけにするか、文字も入れるか? めでたいという言葉を添えると…このマークが鯛であることをさりげなく伝えてくれて、ちょっとゆるーい雰囲気 […]

校門待ち伏せ隊が導いた岐路

大津市内では、風に桜が舞い、湖畔では家族連れがピクニック、とすっかり春の景色。新年度を迎え、小学校にご入学される知り合いのお子さんがいて…自分の小学生時代を思い出します。 私は、学校がキライでした。 特に小学生5年生は、大きな転機となった年。試練が岐路へと繋がった、そんなおはなし。 小学校時代のワタシ 物心ついた時から、幼稚園も学校も嫌いだった。 できることなら、行きたくはなかった。 今思えば、嫌 […]

御朱印女子がゆく・元善光寺編

きっかけは美しさから 今年から初めてみようかな、と思っていたことの一つ、御朱印集め。 神社やお寺が特別好きというより、御朱印そのものの美しさから興味が湧いたことがきっかけ。 達筆な文字に朱色のはんこ。神社やお寺によって、それぞれ違うので、とてもデザイン的というか芸術的♪ 神社やお寺を訪れて、澄んだ空気に気持ちを落ち着けて、御朱印をいただく。 そんなひとときを過ごしながら御朱印集めするのもいいな~と […]

つかみのバッジ作戦

今日の会議テーマは「掴(つか)み」 さて、私たちは貴方のハートを鷲掴みできるのかっ? 掴み(つかみ)を作る 「つかみ」‥関西人なら、特に馴染みのあるワード。 簡単に解説するならば、 相手の関心を引きつけること、また、続きが気になる心理状態。 後辞苑第八版によると「漫才の開始時『この話、面白そうだ』と、興味がそそられて先を見たくなるさま、および、状態のこと」を「掴みはOK!」と表現するそうだ。 また […]

「レコーディングって怖い?」

スタジオを運営していて、音楽の話が全くないのは少々変ではないか?という疑問もちらほら… ということで、今日は音楽話。レコーディングについての議論です。 第2回会議:議題「レコーディングは怖い?」 スタジオを始めてから今年で約7年。 多数のお客様がご利用下さり、たくさんのご縁があった。 うちのスタジオでは、レコーディングをするにあたり、可能ならば、事前打ち合わせをさせていただくか、もしくは、レコーデ […]

我が家ルール

嫁のあるべき姿 男は働き、女は家庭を守る。 私の父にとっては、それが基本だった。 男にとって仕事こそが役目であり、家や子供のことは女の仕事。言うならば‥ 旦那様が帰宅するまでは起きて待つ。 お風呂はもちろん、旦那様から。 旦那様は、家事は一切せず仕事オンリー。 というような、今で言うところの昭和な意識。 そんな意識の父に対し、母は理想とは遠う奔放タイプだったので、実際は、旦那様第一主義の中で育った […]

長い長い長い戦い@京都【前編】

ウォーミングアップの時に、ランニングするのが嫌いな隊長です。 駅では、階段より、エスカレーターを選びます。 そんな私が2014年にランニングを始め、2015年の京都マラソンに出走しました。 全くの初心者による挑戦の一部始終と、気持ちの流れを告白。 長い長い長い戦いの始まりです。 大人の部活動 2014年の秋から大人の部活動を始めました。大人ランニングクラブです。 始まりは、「もしよかったら一緒に応 […]