めでたい指さし確認

オリジナル「めでたいはんこ」プロジェクト始動!!

外出自粛中の5月のある日、リスの発言で全てはスタートした。

リス
リス
ハンコを作ろうと思うねん。
隊長
隊長
はい?シャチハタ的なやつ?
リス
リス
ちゃうちゃう。ゴム印。
隊長
隊長
そんなん無理やろ。消しゴム判子くらいが関の山‥でも、削るテク&道具が必要やで。・・・しかも、時代に逆行じゃ?
リス
リス
いいのがあんねん。JAMハンコ♪

JAMハンコとは?

これまで、めでたいバッグTシャツを制作した際、利用させていただいた「レトロ印刷JAM。主にシルクスクリーン印刷や、活版印刷などを手掛けている会社。

Facebookやinstagramで「レトロ印刷JAM」をフォローしているリスが、「オリジナルはんこシート」の制作サービスを発見したという。

自分でデザインするオリジナルはんこシート


範囲内であれば大きさもレイアウトも自由!シート状なので好きな持ち手を付けて自分だけのはんこを作ろう。

・ALLサイズ(229mm×166mm)‥5,830円(内税)
・HALFサイズ(166mm×107mm)‥3,465円(内税)

オリジナルはんこシート<JAM ONLINE OMISEより>

HALFサイズは、気軽に作れるけれど、一点注意が必要。

HALFサイズを注文したら、もう一人HALFサイズの注文が入るのを待ち、ALLサイズのデータとなった時点で製造開始となる。

なので、HALFサイズ注文の方は、誰かが「あっじゃあ私、もう半分(HALFサイズ)注文します~」と手を挙げるのを待たなければいけない。

「えっ?待ちぼうけ?」と思いきや、そこはSNS社会の現代。

HALFサイズの注文が入ったら、SNSで「もう半分、どなたか注文されませんか?」と告知がある。

このお知らせをリスが目にして「なにそれ?!いいやんハンコ!作りたい!」となったらしい。情報は駆け巡り、お山まで秒速でやってくる。

とりあえずハーフサイズを制作してみようと『オリジナルはんこ制作プロジェクト』がスタート。

が、しかし。

「製造開始までの時間が読めないこと&ALLサイズのほうがお得やん」ということで、途中でオールサイズへ変更。

はんこのテーマは、サイトロゴ “めでタイ”を筆頭に『めでたいモチーフ』に決めた。

 


だるま・ひょうたん・富士山・扇子・梅などが仲間入り!

 

はんこシート到着!製造開始!

データ入稿(オンラインでお店へデータ送付)して数日後、オリジナルはんこシートが出来上がってきた。

 

おぉ!グミみたい!

 

データより少し縮むとわかっていたものの、思ったより小さく、細い線などの溝が浅い。

うまく押せるだろうか?と思ったが、ひとまずやってみよう!と持ち手を取り付ける作業スタート。

お店では、はんこ用木材の販売しているが、DIYの切れ端をフル活用することにした。

 

家に転がる木材が宝の山に変身

 

まずは、はんこのサイズに合わせて、木材をチョイス。

 

山奥スタジオで‥夜‥
「いいのあったー!」と中年夫婦の声が響く

 

リスが「どのサイズの木材がいくつ必要か」計算し、隊長がカットしていく。

 

 

形やサイズによって、持ち手の木材の高さを検討。また、どう押すと綺麗に押せるか?議論してみたり。

 

隊長
隊長
片手?両手?どうやって押す?どちらが押す時に、力が均等に伝わるかなぁ?
リス
リス
うーん。どっちでもいいんちゃう?

こういうところは、隊長のほうが細かい。リスはO型全開で次へ。

ゴム(正式にはAPR樹脂)のシートをカッターでカット。

 

結構固いので、力いり〼

 

そして、一緒に納品された大きな両面テープを同サイズにカット。

 

地味な作業が楽しいワタシタチ
(補足:ゴム印に両面テープをペタッと貼ってからカットするらしい。さっき知った。)

 

おぉお!ハンコっぽくなってきた!

 

木材とゴムのマッチング中

 

表側には、紙に押したものを接着していく。これで、どのはんこか一目瞭然。

 

 

めでたいモチーフのはんこ達、完成!!

 

 

心配していた「ひょうたんのリボン」も、「だるまさんの柄」もくっきり。カタチになるって、やっぱり楽しい。

めでたいはんこの行く先は‥♪

今回Allサイズに決めて、これでもかー!とデータを詰め込んで配置した。

欲張ったために、デザインも、持ち手をつけるのも、思った以上に時間を要する。

仕事が終わったあと、夜中にハンコをもくもくと作りながら、一体何個あるのか?と思い数えてみたら‥

 

計80個!!

 

なんとまぁ、すごい数になっていた。

オリジナルで何かを作る時、専用業者に頼めば、あっという間にできる。

でも、ハンコ屋さんにお願いするのであれば、80個のはんこを発注しようとは思わなかっただろう。

手をかける作業法を選んだ場合、コストは安いけれど、時間はかかる。

でも、作製工程で見つける発見は必ずあって、それが経験値になっていく。

アイデアを具現化する手法を探って、練って、実践する。この繰り返しをしていると、必ず何かのタイミングで活きてくるから面白い。

夜な夜な、スタジオで繰り広げられるオリジナルはんこ製造。

 

えっと、うちは‥
サウンド&デザインのスタジオです。

 

このめでたいハンコの行く末には、まだ続きがある。

7月にはんこを活用した「めでたい新グッズ」を、発売予定で鋭意作成中。

今晩も作業予定。たしか、持ち手を待つゴム印はまだ60個はあったような‥お山の夜は静かで長い…★

 

 


 

<Pick up ★>

レトロ印刷JAMさん。

コロナショックで営業自粛となった時、クラウドファンディングを立ち上げておられたが…

なんと、開始3時間で目標金額に達し、5000人以上の方の支援が集まっていた。すごい。愛されている!

「レトロ印刷JAM」さんの楽しいサービス&製品が、これからもたくさんの人に届きますように…私達はせっせと愛用しながら、切に願っています♪

 

 自分でデザインするオリジナルはんこシート 

商品紹介&ホームページはこちら

 

 

ABOUT ME
Taicho
Taicho
studio untrapのサウンド担当。美容院の息子に生まれた影響からか。第一印象の人当たりは良し。「早く家に帰りたい」と「大丈夫、何とかなるじゃない~」が口癖。無難かつ合格ラインを見極めて進む『良い塩梅』派。
RELATED POST