めでたい指さし確認

思い出の店「山田フライ専門店」@京都市・北野白梅町

先日、仕事の途中、急に空き時間がぽっかりできたので、気分転換に京都市内までお出かけ。

市内まで行ったついでに「あのお店、まだやってるのかな~?」とふらり北野白梅町へ向かった。

北野白梅町界隈の住人でした

今から約三十年ほど前。

京福電気鉄道、通称「嵐電(北野線)」の北野白梅町駅の近くに下宿していた。北野天満宮~白梅町の周辺が生活圏。

 

 

その当時から比べると、街の風景もがらりと変化。

よく行ったレコード店は無くなったけど、おしゃれなお店は随分と増え、観光客が倍増している。

そんな北野白梅町で、学生時代の私の食を支えてくれた店がある。

それが「山田フライ専門店」だ。

 

 

思い出の店「山田フライ専門店」

下宿先から徒歩二分、ちょっと早足なら一分もかからずに行けた店。

一条通商店街の一角にある、山田フライ専門店。

「コロッケと白身魚フライ、くださいな~。」と注文すると、その場で揚げてもらえる。

出来上がりのアツアツをお持ち帰り。なんせ、早足一分圏内なので、ちょっと離れた台所にフライヤーがある状態。

食欲旺盛な学生には、大変ありがたい店だった。

今回、三十年ぶりに訪れたのだが、ひっきりなしに、自転車&徒歩の地元の方がやってくる。地元民、御用達は変わらないようだ。

記憶が定かでは無いが、ちょっと店舗の作りが変わったような気も。

地元の方だけでなく、観光客らしき人も、ちらほら。お店の駐車場に停めた車で、コロッケをほおばる方も見かけた。(※お店の前に、駐車場(一台分)あり。)

 

 

少し暗くなってきた中、店内から聞こえる話し声とお店の明かりが、なんとも和やかな光景に見える。

『ほぼ日・コロッケ地図』で採用

一度、二十年ほど前にも店を訪れたことがある。

そのきっかけになったのが「ほぼ日刊イトイ新聞・コロッケ地図」への投稿。

「ナイスなコロッケ日本地図を作ろう!と始まった企画」に、山田フライ専門店を推薦投稿したら・・・採用されたのだ。

2000年11月4日の記事「古都のコロッケ」に掲載された。


山田フライ専門店 その他
京都府京都市上京区一条通り御前西入上ル大上の町65

「その場でオーダーを聞いてから揚げます。」京都市白梅町付近の、ご家庭揚げ物を一手に引き受けてます。
30円のえび春巻から530円のビフカツ大まで、メニューは70種以上。ビーフコロッケ50円。当然手作りです。

ブビリオさん御推薦。

ブビリオとは、当時の私のペンネーム。

あっ、コロッケ頼むの忘れた・・・

この日。私達は‥

・うずらフライ串
・ちくわの磯部フライ
・ホタテフライ
・モンゴイカ串
・メンチカツ

以上、5品を注文した。

 

 

※あれやこれやと種類多し。写真は拡大できます。

 

揚げてもらっている最中に、店主と少しお話。

店の歴史を聞くと、かれこれ六十年近く営まれて、今では三代目店主。それも、家族伝承で無いそうな。

30年前この辺りに住んでいたことを話すと、たまたまその場にいたお客様も「私も当時からずっと来ているのよー」と話に花が咲く。

そんなこんな楽しく話していると、出来上がり。

「味は変わっていないと思いますよ。」と笑顔の店主が揚げたてを渡してくれた。

帰路の車内でリスが「あ~、ミンチカツに気を取られて‥コロッケ頼むの忘れてた。」と残念がるが後の祭り。

帰ってきて、開けると‥紙袋が新聞紙でくるまれていた。なんとも味がある。

 

袋越しのいい匂い

 

お皿に盛り付ける。
美味しそう~といいながら、リスが‥

 

うん?あれれ?!

 

よーく見ると、フライが6品。

リスは「あれ~他に何か頼んだっけ?」と、切ってみると‥

 

コロッケだ!!?

 

これは店主の心意気?それとも、揚げている時に話しかけたので、注文を間違ってしまわれたのか?

ともあれ、喜ぶリス。コロッケもミンチカツも、甘みが感じられて、とても美味と満足げ。

手頃な値段と家庭的で素朴な美味しさが、また食べたいと思わせてくれる。

近くまで行った際には、店主にコロッケのお礼をしつつ、また揚げてもらおう。

今日は思い出の味で晩ごはん。
こんなお店が近くにあったらいいのになぁ。「店主、いただきます~♪」

 

 

 


 

< Pick up ★ >

 

山田フライ専門店のウェブサイト

 

インターネットショップもあります。

店の前に駐車場が一台分ありますが、この辺りは一方通行が多く、道も細いので、お気を付けあそばせ。

RELATED POST