隊長!発信!

名前に隠された秘密

新元号は「令和」

2019年度がスタートした。
今日からいろいろと新しい事柄が動き始める。

11時半過ぎに発表された新元号は「令和」(れいわ-Reiwa)。

我が家でも先週、「めでたい会議」で新元号を予想したのだが・・・カスリもせず。

唯一、漢字が一文字「和」だけ同じだったくらいで、予想は頓珍漢な結果に終わった。

 

「令和」

出典は万葉集の梅の花の歌の序文「初春の月にして、氣淑く風らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす』から引用。

 

新しい時代の名前。今後、何十年と使われる元号。

発表後には「ラ行の響きがいい」「おしゃれ」「昭和の和がまた使われる」「命令の令っぽくてちょっと嫌」など、意見が溢れる。文字からイメージするものは人それぞれだ。

世の中の視線を一手に集める中でのネーミングである。

どのくらいの重圧・重責感か、まったくわからないが、決定までは、気苦労も絶えず、さぞかし疲労困憊だっただろうと勝手に想像してみる。

『令和』・・・言葉の響きも、出典、意味合いも、なかなかよろしいんじゃないかと私は思っているが、皆様はいかに?

名前をつける機会

日常生活の中で何かの名前をつけることは、それほど多くないと思う。

子どもの名前をつける、ペットの名前をつける、等々。何年かに一度くらいの割合だろうか?いや、ひょっとしたもっと少ないか?

我が家も、ここ最近に名前をつけたという記憶は、新しく加わった猫の名前ぐらい。

ちなみに、つけた名前は「ハク(白)」。
単純に白い色の猫ということからで、その特徴が所以。

 

 

だが、スタジオ業務をしていると、「名前をつける」場面に出会うことが、年に何度もある。「曲の名前をつける」「アルバム(CD)の名前をつける」等だ。

曲名に関しては、詞の中からつける、歌詞の中に含まれている意味からつける、ということも多いため、結構すんなり。

ただ、アルバムタイトルとなると、ちょっと様子は違っていて、締め切り間際まで悩まれる方も多かったりする。

 

 

バンドのメンバーが多いと、意見がわかれて険悪なムードになることも・・・参加人数が多いと、アイデアも増えるが、時にややこしいことも増えるようだ。

ネーミングセンス

以前やっていたゲーム開発の仕事でのこと。
一度に二十数個、名前をつけなければいけないことがあった。

二十数曲につける曲名だ。

ゲームというよりは、スポーツトレーニング系のソフトで、曲に合わせて体を動かすというモノ。

使用している曲はインストロメンタル(歌・歌詞は無し)で、ジャンルはロックからラテンまで様々。

 

 

元々は「Rock Music 1」「Latin music 1」と、曲層に合わせたタイトルだけを用意していたら、クライアントから「曲目をつけて欲しい。曲目はお任せするからお願いします。」と指示があった。

二十数個となると、相当なイメージ力が必要となる。
しかも、クライアントは海外の会社だったので、全曲英語のタイトル。

文字が並んだ時に、タイトルの出だしの頭文字が同じにならないようしたり、曲のイメージから離れない(ラテン音楽はラテンがイメージできるような明るい感じで・・)ように頭を絞った。

ラテンの楽曲には「なんちゃら・オブ・ビーチ」とか、ありがちだがイメージしやすいようなタイトルをつけてみる。

十曲程度までは、スムーズに考えついたのだが、二十曲近くになると、思うように進まない。

特にロックの曲名などは、大変だった。
歌詞が無いインストの曲ゆえに、自分のイメージを膨らませていくしか術がなく、どんどんネタが枯渇。

最後は、スポーツ新聞の競馬欄に載っていた馬の名前からイメージして「もう何でもええわ」と苦し紛れに付ける羽目となった。

 

 

何とかニ十数曲の曲名を付け終わり、クライアントに提出した。

「このタイトルは、この曲のイメージでは無いので、あっちの曲に使う。」
「この曲のタイトルは無し。曲のイメージと違う。」

「曲目はお任せ」という話はどこかに行き、ダメ出しの嵐。

そんな中でも「この曲のタイトルはイケてる!」と言われたのが、例の新聞で見た馬の名前からイメージした曲名だった。

イメージは人それぞれ。
この世には無数の名前が存在している。

名前の由来は、命名者のみぞ知りうるのである。

RELATED POST