リスノ気になるデザイン・パッケージ編

リスノ気になるデザイン・パッケージ編

パッケージを見るのが好き

昔からパッケージを見るのが好きだった。
どちらかと言えば、アーティスティックなデザインより、ポップでシンプルなデザインが好み。

スーパーに行っても、雑貨屋さんに行っても、パッケージをいつも見るクセがあって‥買う予定が全くないものでも、気になったらひとまず手にとって見る。

デザインをするようになってからは、雑誌にポスター、チラシなど、意識的にできるだけたくさん見るようになった。

フォント、文章の行間や文字の間隔、写真のアングル、あと余白。
ついつい空間を埋めてしまいたくなるけど、余白によって、メリハリのある構図になっていると気づく。

今日はそんなリスの~「気になったデザイン・パッケージ編」をご紹介!

比良水

先日、スタジオをご利用くださった方からいただいた、ミネラルウォーター比良水

 

 

えっ!滋賀にこんなミネラルウォーターあったんや!
という驚きとともに、シンプルでかわいいデザインにロックオンされた。

素朴なフォントに水滴&山マーク越しに見える、お水。透明感の演出がステキ。

 

 

側面にも水滴がいっぱい。
このデザインだったら‥自然が似合うはず!とおもむろに外へ。

 

 

青空とのコントラストで撮りたかったけど、夕暮れ時だったので森と共に。シンプルなデザインに自然が映える⤴

かわいくてまだ飲んでいないのですが、なんと!非加熱のナチュラルミネラルウォーターらしい。ご興味ある方、HPチェックしてみてください。

HP 比良水ヒラスイ- 未来へつづく比良の水 – 

明治THE CHOCOLATE

もうすっかりお馴染み、明治THE CHOCOLATE。

 

 

このチョコが発売された時、陳列されたディスプレイに釘付けになった。

味ごとに色が異なり、中央のカカオシルエットの箔押しの模様もさまざま。種類ごとの味のキャッチコピーもわかりやすくて‥まさに、選ぶ楽しさが詰まっている。

当時、デザイナーは誰だろうと検索してみたら、開発に関する話がでてきて‥

これまでのイメージを一新する目的で作られたこのデザイン。
当初社内では「このパッケージでは中身がわからない。売れるはずがない」という上層部の意見もあったとか。でも、ターゲット層である20~30代を徹底的にマーケティングしていた開発の方が「あなたの年代がターゲットではない」と反論して発売になったらしい。

私はこのパッケージだから、商品を買った。
そして美味しかったから、繰り返し買っている。

まさに明治の開発部の方々の狙い通り。
また、カカオ多めのビターチョコが好きだったので、まさにビンゴだった。

 

 

未だにこの裏の味チャートを見ながら、どれにしようかな~といつも楽しく悩んでいる。

Ça va(サヴァ)缶

缶詰コーナーに、これまでこんな鮮やかな色は見たことなかった。

 

 

食を通じて復興支援をする「東の食の会」がプロデュースして生産された、Ça va(サヴァ)缶。

「Ça va?」(サヴァ?)とは、フランス語で親しい人にかける「元気?」の挨拶らしい。サバ(鯖)にサヴァ(Ça va?)と、これまた楽しい!

このポップな色使いに、お魚シルエットにはいった「Ça va?」の文字。
サイドには、手書き風のフォントで書かれた味。

 

 

初めてみた時、まじまじと眺めてしまった。
なんともポップでキャッチーで素敵なデザイン。

こちら2013年9月の販売開始以来、わずか7ヶ月で10万缶、現在は累計200万缶以上の販売実績!

中身ももちろん大切だけど、数多あるモノの中から目に飛び込んでくるかどうかは‥デザインの力が大きい。

そう思うと、デザインに携わらせてもらうことは、責任重大だ。
でも、こんな風に「わくわく」や「楽しい」を誰かに届けられるなんて、幸せでもある。

いつかのいつか、商品のパッケージを作ってみたいなぁ。
そんな妄想をしながら‥「リスノ気になるデザイン」の旅はこれからもつづく‥♪


Pick up ★

リスノ巣箱カテゴリの最新記事