思考の素

ザ・マジックアワー

すれ違いコメディの醍醐味!
豪華な演技派キャストが魅せるユーモアに溢れたストーリー♪

ザ・マジックアワー

2008年/三谷幸喜監督作品

舞台の街のレトロ感 ★★☆
お茶目なキャラ設定 ★★☆
すれ違いのおもしろさ ★★★

隊長の視点
一年に一度、思い出すように見たくなる作品。
しかも、一度見ると二度三度、日を空けずに見るという中毒性あり。

隊長のお気に入りは、佐藤浩市演じる主人公が街のマフィアの事務所へ登場するシーン。

あのシーンを見る度に、ペーパーナイフを片手に真似したくなる。それぞれの立場が交錯する中、佐藤浩市さんと西田敏行さんの演技がたまらなくおもしろい。

リスの視点
三谷幸喜監督の映画の中で、一番好きな作品。
見事な会話劇で進むストーリーは、何度見ても思わず笑ってしまう。

特に、それぞれの立場でピタっとハマる“すれ違いの展開”がすごくて、見れば見るほど唸るおもしろさ。個性豊かな出演者も大好きな方ばかり‥西田敏行さんは特に好き。

佐藤浩市さんといえば、スマートな佇まいで紳士なイメージだったけど、この映画を見て一転。佐藤さんが演じる“売れない三流役者”は、熱くて、ちょっと間抜けで、人間味のある面白い人物だった。役者さんって、本当すごい。

また、深津絵里さんが好きなリスは、劇中に深津さんが歌うシーンも好き。透明感のある歌声も、白い肌も、華奢な肩も見入ってしまうのです♪


The Magic Hour とは・・・

マジックアワーとは、「日没後、太陽は沈み切っているが、まだ周りは残光により照らされている短時間だが、しかし最も美しい時間帯」を指す写真/映画の用語。この作品の中では、誰にでもある”人生で最も輝く瞬間”を表現するのに、この言葉が用いられている。

Story

とある港町、マフィアのボスの愛人に手を出した組織の若者は、自分の命を見逃してもらうため伝説の殺し屋を連れてくるはめになる。

どれだけ探しても、その暗殺者を見つけられない若者は苦肉の策として、売れない俳優を替え玉に仕立てて乗り切ろうとする。相手が本物のマフィアとは知らず暗殺者を演じる役者、その替え玉の役者に、自分の嘘がばれないよう四苦八苦する若者、役者を暗殺者と信じるマフィアの面々。

それぞれの思惑が、すれ違い物語は進んでいく。

〈予告〉ザ・マジックアワー

ザ・マジックアワー
↑ Amazon Prime Videoで見れます♪

 

RELATED POST