CATEGORY 思考の素

【不定期更新】私達の思考の素となった成分をご紹介。CD?Movie?Book?Experience?いろんな経験が血となり肉となってます。

大家さんと僕・大家さんと僕これから / 矢部太郎

素朴な日常を通して映る、お二人の温かいやりとり。 おもしろくて切ない、じんわりと心染み入るコミックエッセイ。 大家さんと僕 / 矢部太郎 大家さんと僕これから / 矢部太郎 素朴な日常の風景度 ★★☆ 時代を感じられる度 ★★★ あたたかい心のやりとり度 ★★★   ● リスの視点 漫画なんだけど、漫画じゃない。これが初めて読んだ感想だった。 約2年前、本屋さんでなんとなく見本を手に取っ […]

音楽ビジネス成功の條件

初版が1992年の翻訳書。 翻訳元の書籍は、「ALL YOU NEED TO KNOW ABOUT THE MUSIC BUSINESS」。 レコード契約、音楽出版、アドバンス、ロイヤルティ、著作権など、知っておきたい音楽ビジネスの基礎知識を解説している。発行年から考えると、情報は少々古い点こともあるが、音楽ビジネスのヒントになる点も多い。 アーティストのための音楽ビジネス成功の條件/ドナルド・S […]

AERA対談集・星野源ふたりきりで話そう

とりとめのない話だから、おもしろい。 会話のゴールも、力みもない “雑談のおもしろさ” が詰まった対談集。 ふたりきりで話そう / 星野源 会話の自由な流れ度 ★★☆ かっこつけていない度 ★★★ 雑談のおもしろさ度 ★★★   ● リスの視点 私は、雑談が好き。 雑談は、言ってしまえば、何でもない会話。 誰かにとっては、どうでもいいような話でも、ほんの些細な話題で楽しく笑えたり、閃きや […]

Music & Me / 原田知世

数年前に出会った一枚。 優しくてナチュラルな歌声が好き。 心も空間も、やわらかく穏やかな気持ちにさせてくれる。   Music&Me / 原田知世  (2007) 気分盛り上がり度 ★☆☆ カフェタイムおすすめ度 ★★★ 空間の清浄機能度 ★★★   ● リスの視点 音楽といえば、以前は、歌モノが好きだった。 歌声も歌詞も、「メッセージ性があってなんぼ。」と思っていた時代を経て […]

グッジョブ

NHKで2007年に初回放送されたドラマ(全5話)。 隊長がまだ会社員の時代に、TVをつけたら、たまたま再放送していた。 第何話目かを見たかは覚えていないが… 数分見ただけで「これはDVDを購入して全話見よう」と思い、後日、Amazonで購入した作品。   グッジョブ 恋愛ストーリー度 ★☆☆ OLあるある度 ★★☆ お仕事チームワーク度 ★★★   ● 隊長の視点 どうやら我 […]

Lily -日々のカケラ- 石田ゆり子

やわらかく、潔く。 表情にも文章にも、凛とした素敵な姿が映るフォト&エッセイ。 Lily – 日々のカケラ –  / 石田ゆり子 何度も読んじゃう度 ★★☆ 素敵な女性度 ★★★ 心の潤いアップ度 ★★★   ● リスの視点 インスタグラムを初めてしばらく経った時、“ 石田ゆり子さんのインスタグラムを見つけた。 お仕事、日々の暮らし、飼っている猫&犬‥どの写真も文 […]

ザ・マジックアワー

すれ違いコメディの醍醐味! 豪華な演技派キャストが魅せるユーモアに溢れたストーリー♪ ザ・マジックアワー 2008年/三谷幸喜監督作品 舞台の街のレトロ感 ★★☆ お茶目なキャラ設定 ★★☆ すれ違いのおもしろさ ★★★ ● 隊長の視点 一年に一度、思い出すように見たくなる作品。 しかも、一度見ると二度三度、日を空けずに見るという中毒性あり。 隊長のお気に入りは、佐藤浩市演じる主人公が街のマフィア […]

お笑い芸人・ロバート

お笑い芸人、ロバート。 山本博さん、秋山竜次さん、馬場裕之さんの三人からなるグループである。 昔から存在は知ってはいたが、ロバートが出ている番組をチェックしてまで見る、なんてことはなかったのだが… ある出来事をきっかけにして、今ではロバートの活動が気になるようになった。 2013年、雪が運んだきっかけ 2013年1月14日(月・祝)に、東京目黒でコンサート音響の仕事があった。 コンサート開始時に、 […]

重版出来!

“重版出来”…何て読むのだろう? 「じゅうはんでき?」「じゅうはんしゅつらい?」 正解は、「じゅうはんしゅったい」 我が家の2018年のTVドラマリピート率はNo.1の作品   重版出来! キャラクターの個性豊か度 ★★☆ マンガ業界覗き見度 ★★☆ 登場コミックの原画本気度 ★★★   ● 隊長の視点 AmazonPrimeビデオ、日本のドラマのメニューの中に表示されていたこ […]

Keisuke Kuwata / 桑田佳祐

今まで一番良く聴いたCDかもしれない。 プロデューサーという仕事があることは知っていたが、初めて意識して聞いたCD。30年以上前の音源なのに、まったく古さを感じない一枚。   Keisuke Kuwata / 桑田佳祐   (1988) 今、聞いても新鮮度 ★★★ サザンオールスターズと同じ度 ★☆☆ ちょっと何って歌ってるかわからない度 ★★★   ● 隊長の視点 音楽CDの […]