めでたい指さし確認

仕入れ & ノープランぷらり旅〈福井県・福井~鯖江編〉

先日、どうしても仕入れたいものがあって「恐竜王国&食の国 福井県」へ。

福井市&鯖江市へせっかくGo toしたんだから「仕入れのついでに~ノープランぷらり旅」を堪能してきた。

福井市の木のアートきごころARBOさんへGO!!

今回の目的地は、スタジオアントラップから片道2時間。

北陸自動車道・福井ICから約10分のところにある‥自然木や無垢板などを取り扱っておられる店「木のアートきごころARBO」さん。

 

 

お店に使う木を探していたら、インターネットで発見したお店。

木といっても、たくさんの種類がある上に、一つ一つ個性が異なる。

ネット販売もしておられるけれど、配送となると送料も高額になるし、福井なら行ける!と思い立ったリスは「伺ってもいいですか?」と問い合わせてみた。

HPでは、隙間なく木が並ぶ倉庫のような写真が掲載されていて、営業日なども書いてなかったのでどうかなと思ったけれど、「どうぞどうぞ」と快くお返事をいただき、来店に至った。

お店に足を踏み入れた途端、もう魅力的な木ばかりで、ワクワクが止まらない。

 

 

社長自ら、色々な木の種類や特性など、ずっと丁寧に説明してくださった。

 

 

これが楽しくて面白くて興味深くて…気が付けば、二時間も滞在。

イメージしていた木も購入できて、社長さんともお話できて、心から行ってよかったと大満足。

この「ARBO」さんでの話と購入した木については、いっぱい書きたいことがあるので、また後日。

目的を達成し、すっかりお腹が空いた私達は、得意のぷらり旅へ出かけた。

ぷらり旅でまわる、道の駅。

ARBOさんへの道中、「道の駅・水の駅」の看板を発見した。道の駅はよく見たり聞いたりするが、水の駅って何?

興味津々の私たち、帰り道に立ち寄ってみた。

道の駅 一乗谷あさくら水の駅

「道の駅 一乗谷あさくら水の駅」は、比較的小さい道の駅。

看板よりも目に入るのは‥

 

熊出没注意!!

 

販売コーナーには、あられ、おせんべい、お餅などお米から出来ているものが充実している。

購入品したのは‥「ぴっから」と「磯路」

 

 

どちらも地元のお菓子で、長く愛されていそうな雰囲気が漂う。食堂もあって、隊長は「揚げご飯」が気になりつつも、こちらは次回の楽しみとした。

ここで、もう一つ見つけたのが‥最中アイス。この手の懐かしい風貌は、絶対買ってしまう。

 

昔ナガラノ味 餅の田中屋 謹製 アイスクリーム@150円

 

中のバニラアイスは、少しシャリシャリした食感でアイスクリンみたいな感じ。控えめな甘さでさっぱり美味しい。牛乳味が強いアイスは苦手なリスが大絶賛。

福井市に来たら、リピート必須のアイスと認定。

帰る方向にある鯖江市へも立ち寄ってみる。鯖江市内で発見したのが「道の駅 西山公園」

道の駅 西山公園

 

 

こちらは道の駅だけでなく、レッサーパンダがいる動物公園が併設されているらしい。しかも無料。

レッサーパンダは京都動物園でも会えるので、私達は、ささっと物産品や食品を見て回る。こちらで気になって購入したのは‥

購入品したのは‥「そばあられ」と「ビーバー」

 

 

そばぼうろ、じゃなくて、そばあられ。ほんのり甘いとあって、味が気になる。

ビーバーは、福井ではなく金沢の商品なのだが、以前何かで見て気になっていたので、即購入。気づけば、米菓ばかりを買う私達。

恒例の地元スーパー巡りは、「ワイプラザ」というスーパーに寄ってみた。

福井県は、あぶら揚げの消費量日本一の県。

お揚げ好きの隊長にとっては嬉しいところだけれど、ちょっとぶ厚めの揚げが多いので、今回はちょっと控えめ購入。(隊長は、うす揚げ派)

 

購入品した「越前そば」と「大豆製品」

 

お昼にお寿司を食べたので断念したけれど、やはり福井の鮮魚コーナーは充実している。これもまた次回。

鯖江と言えば…やはりコレ!!

鯖江と言えば…メガネでしょ!!

国内シェア9割越えで、ほぼ独占状態の鯖江産メガネフレーム。

高速道路から見える山腹に、メガネフレームと「SABAE」の文字看板が設置されていた。

 

 

鯖江に立ち寄ったら行ってみようと思っていた、めがね会館の1階にある「めがねミュージアム」へ。

さすが、めがねの町。

町中に、めがねのデザインをあしらったものがいっぱい。

 

自動販売機もメガネ柄

 

ミュージアム付近の橋の親柱(橋の両端にあるもの)や、歩道に設置された椅子、ミュージアム入口にはメガネシャンデリア等々、メガネ演出を発見するのが楽しい♪

ミュージアム内には、博物館とショップ&カフェがある。

博物館スペースでは、メガネの歴史・製造工程などを展示。歴史と共に当時のメガネを見ることが出来る。

ショップでは、メガネをあしらったお菓子やアクセサリーなど面白いグッズが並び、奥には、鯖江のメガネブランドが一堂に集まったメガネ店がある。

鯖江メガネを購入したい方や、メガネ好きの方にはオススメ。

福井の冬季限定?!水ようかん

福井県の名産を探していた時「福井では、水ようかんを冬に食す。」コトを知った。

水ようかんといえば、夏のモノという印象が強かった私達。

なんで冬に?と思いつつも、せっかくなので実物を購入してみようと、老舗の和菓子屋大黒屋さんへ。

創業は寛永7年。西暦を調べると、なんと1624年!すごい歴史のあるお店。

 

大黒屋 ホームページ

 

店員さんにお話を伺ってみたところ「福井では、水ようかんは冬にだけ食べるんですよ~。冬の寒い日に、暖かい部屋で食べるのが福井流。」とのこと。

そもそも販売自体が、冬季限定。まさに冬のお菓子だったのだ。

帰宅後にいただいてみると、今まで食べていた水ようかんより食感が柔らかめ。口の中でさらっと溶ける感じ。

 

木べら入りで、すすっと切れる柔らかさ

 

一瞬ちょっと甘めかなと思ったものの、風味豊かな黒糖の上品な甘みが口にひろがって‥思わず、また口に運んでしまう。

商品の箱の裏側にある説明によると…

大黒屋「水ようかん」

 水ようかんといえば夏の涼菓ですが、ここ越前福井に於きましては冬季のみ販売されております。
冬の寒い日、前日に炊いた小豆の残り汁が釜の底に凍りついていました。そっとつまんでみると意外にあっさりしておいしい。ここから福井の水ようかんが、生まれたと聞き及んでおります。
昔ながらの製法で仕上げた本菓は、県内のみならず全国の方々から広くご好評いただいております。
冬にしか味わえない福井の水ようかん。寒い日に暖かくして部屋で食する一切れは、格別のおいしさです。

なるほど。たしかにもっと寒い日…暖かい部屋のこたつで食べるのを想像すると、美味しそう。

福井県民にとっては、アイス的な感覚なのかもしれない。

要冷蔵で、賞味期限が一週間なので、手土産用にたくさん買っておくことはできないけれど、冬の「水ようかん」もなかなか乙である。

地域の風土を感じながら、その土地の食べ物を知ったり、習慣を知ることって、本当におもしろい。

福井県。まだまだ興味深いところ多しです◎

 

 

 

 

 

ABOUT ME
Taicho and Risu
Taicho and Risu
15歳差凸凹夫婦が、今気になる様々なモノやコトについて綴ります。毎週二回更新!各種SNS&LINEで、更新情報をお知らせします。フォローミープリーズ♪
RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. アバター Yuki より:

    自然木のお店、超楽しそうですね! うちは何が欲しいというわけではないけれど、棚に並んでいたあれもこれも興味アリアリです。
    ぷらり旅は良いですね(^^)d

    • risu risu より:

      そうなんですよ!自然木のお店。めーーっちゃ楽しいんです♪
      これまた社長さんがいい人で、お話をたくさん伺っていると、木がもっと好きになりました。福井の旅にちょっぴりハマった私達です‥^^♪