リスノ巣箱

私は、人で美容院を選ぶ。

定期的に通う場所のひとつ‥美容院。

ほっておいても髪は伸びるし、自分ではどうしようもない。

かといって、通い続けたくなる美容院に出会えることが少なく、これまで私がそんな風に思った美容師さんは2人だけ。

私の美容院を選ぶ基準

全国の最新美容情報が集まるポータルサイト Be:coreのアンケート「美容室を選ぶ基準は何ですか?」によると‥

 


断トツで、料金の安さ!!

 

次に続くのが「外観の好み」とあるから、また面白い。でもこれは、アンケートの選択肢の影響もありそう。

私が美容院を選ぶ基準は、絶対的に “美容師さん” にある。

なにを当たり前のことを‥と思うかもだが、突き詰めると、美容師さんの「技術」より「人柄」を重視していることに気づいた。

そもそも、技術の高さというのはわかりにくい。

その美容師さんが手がけたカットやパーマの写真を見て、こういうスタイルが得意なんだな‥ということはわかっても、所詮は他人の髪。

この方の技術はすごい!!となるには基準が必要で、自分の髪で感じなければ、ピンとこない。

もちろん、うなるほどのカットスキルを持った美容師さんに出会えたら嬉しいが、カットだけで6~8千円のハイクラス美容院に通えるほど‥リッチな生活でも、おしゃれでもない。

となれば、技術はそこそこに、その人が好きかどうかが重要。

これがまた面白いことに、人柄が好きでも技術はいまいち or ピカイチの技術でも人柄が微妙というのは意外にない。

「好き」に至る中で、人柄も、技術も、センスも、会話力も、加算形式になっているのだと思う。

私が美容院を探す時は、ホットペッパービューティーを利用して、地域・外観・店内の雰囲気・お店のコンセプト・スタッフ・ブログなど、ひととおり見る。

シルバーや黒を基調にしたクールな内観や、ちょっと尖ったカリスマ美容師(*写真からの勝手な解釈)がいるお店、家族での経営感が出すぎているお店は苦手。

シンプルで少し温度が感じられる雰囲気で、小規模なお店を見ていく。

シャンプー・カット・ドライヤーと、スタッフが次々に変わる店よりも、一人の方がずっと担当してくれるほうが好き。

販売員経験からか、元々の気つかい精神からか、美容師さん達のトークや挨拶にきちんと応えようとして疲れる時があるので、気をつかわずいられるかが需要だったりする。

以前、初めての美容院に行った時‥「どんな風に接してもらいたいか?」をアンケートで記入する店があった。

~接客について~
□ たくさん会話がしたい
□ 会話はあまりしたくない
□ 雑誌を読みたい
□ おまかせ

こんな選択肢が並んでいたので、私は「会話をあまりしたくない」「雑誌を読みたい」にチェック。

これは相手に合わせたサービスを提供できる良いアイデアだなぁと思いながら、鏡の前へ通されて着席。

すると、雑誌が出てくることもなく、がんがんトークが繰り広げられた。

内心驚きつつ、げんなり。アンケートがなければ何も思わなかったはずなのに、聞いておいて何でやねん感が湧いてきてしまう。

もちろん、それからその店には行っていない。

美容師さんを追いかけて、美容院を変える

結婚前、大阪に住んでいた時、ずっと通っていた美容師さんがいた。

私の場合、美容院に通うというよりも、美容師さんを追いかけるタイプ。

最初は、マンションのポストに入っていた美容院のチラシを見て、お得なクーポンだし行ってみようと出向いたのがきっかけ。

担当してくれた方が、口調が優しく、とても腰の低い方で、美容院でこんなにリラックスできたのは初めてだった。

私の髪は、量が多くて、ほぼ直毛。だからといって、すいて軽くしすぎると、まとまりが悪くなる。

そんな髪をいつもうまくカットしてくれて、販売員をしていた時「素敵な髪型ね。どこで切っているの?」とお客様に声をかけてもらった時もあった。

宮藤官九郎さんに似た男性の美容師さん。のちに同い年とわかり、より親近感。

その方が他の美容院に移ることになれば、私も美容院を変え‥最終、西宮市に美容院をオープンされたら、そちらに足を運んだ。

結婚後、滋賀に引っ越してからもしばらく通っていたけれど‥さすがに遠い。

 

片道
車:1時間20分 / 電車:2時間ちょっと

 

仕事が忙しくなって、なかなか行けなくなったけれど、Facebookでお店の近況を見たり、年賀状をもらったりしつつ、また行きたいなと思っている。

自然体が魅力的な美容師さん

滋賀県・京都で新しく美容院を探しはじめたののが、数年前。

何店舗か行ってみたものの、なかなか通いたいところが見つけられず‥一回のみで終わる店が増えていく中‥1年前、素敵な美容師さんに出会った。

 

 

小柄で笑顔がかわいい、女性の美容師さん。

私がイメージしている髪型をふまえて、髪質や頭の形などから、的確にアドバイスして導いてくれる。

数か月前に見せたイメージ写真をしっかり覚えていてくれたり、「ここを切ると軽くなるけど、広がりやすくなるからスタイリングが必要。」など、マイナス要素もちゃんと話してくれるので、判断がしやすい。

そして、何より話しやすくて、楽しくて、居心地が良い。

「昨日走った時にコケて、膝擦りむいたんです~痛くて~」とロングスカートをめくって傷を見せてくれるざっくばらんな姿も愛らしかったり、「どうぶつの森がおもしろいですよ!」と教えてくれたのも、この美容師さん。

先日、美容院に行ったら‥カットを始めてすぐ‥

「有川さん‥実は‥私、年末で退職するんです‥。」と話してくださった。

「えーーーーー!」と思わず声に出してしまったが、他店に行くのでもなく、ご結婚を機に一旦仕事を辞めるとのこと。

他のスタッフに引き継ぐこともご提案いただいたけれど、正直、この人が好きだったので、その選択肢はなかった。

また新しい美容師さん探しの時期かな…と思いつつも、このご縁がなくなるのはちょっと残念に感じた私。

思わず「今、雑貨店をはじめるつもりで準備中なので、良かったら来てください♪」と声をかけていた。

偽りではないけれど、準備真っ只中過ぎて、オープン日さえ決まっていないのに、お店をしていれば、また会えるかもと思ったのも事実。

「えー行きます!雑貨屋さん大好きです!」と言って下さったので、オープンしたら、ご案内を渡しにいくことにして、お店を後にした。

 

 

数えてみたら、1年前の10月に初めて行って、約10回の来店。

もっと通っていたような、もっと短かったような‥不思議な感覚。

2人の美容師さんに共通しているのは、会話がなくても大丈夫なほど、自然だということ。

美容師さんのペースを押し付けてくることもなければ、私が無理に空虚なトークを繰り広げるのが好きじゃないことを感じとってくれているのだと思う。

美容師さんに限らず、結局は、人。

技術が横並びの時、判断基準になるのは、人でしかない。

誰かを選ぶような時もあれば、同時に、自分が誰かに選ばれる時もある。

日頃過ごす中で、周りに素敵な人や好きな人がたくさんいると幸せだし、誰と過ごすかを選択するのは大事だ。

来年、また素敵な美容師さん探しをしながら‥

自分の雑貨屋で、これまでのご縁を紡いでいけることを想像すると‥とても楽しみである。

 

 

ABOUT ME
risu
risu
studio untrap デザイン担当。物事の順序の組み立て&アイデアの接着が得意。気になることはとことん調べる、調査能力はコナン級。最近気になるもの:Youtube「ロザンの楽屋」 / アリクイ
RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. アバター Yuki より:

    髪の毛を切ってもらうんですもの。人、相性は大切ですよね。雑貨屋さんで会えることや、新たな出会いも楽しみですね。

    • risu risu より:

      髪はすぐ伸びると言えど‥気に入った仕上がりだと、それだけで毎日の気分が変わりますしね。
      「良かったら、お店来てください~♪」って言えるっていいなと思いました!まだオープンしてへんのに‥準備頑張らねば‥(笑)