リスノ巣箱

差し入れは誰のため?

差し入れ・プレゼントの向こう側

コンサート会場では、差し入れやプレゼントをよく見かける。

 

 

多いのは、お花とお菓子。

お菓子は日持ちのするものが多く、お花は、アレンジメント・花束・鉢植え・スタンド花など、コンサートの規模や種類によって、お花のラインナップが変わる。

ピアノの発表会であれば、小さなお友達が、はにかみながらブーケを渡す様子が微笑ましい。

この差し入れ&プレゼント。
コンサートが終了する頃、お持ち帰りされるわけなのだが、時には、持ち帰りが困難という場面を見かける。

例えば、立派なお花のアレンジメント。

車でお越しの場合は、なんとか積んで帰れるのだけれど、電車・バス移動、また、新幹線や飛行機移動の方は、持ち運びができない時もある。

もちろん、いただいたものを何とか持って帰ろうとあれこれ思案される。

だけど、そもそもコンサート開催にあたり、ドレスや靴などの衣装、プログラムやCDなどの販売関連品、その他多くの準備物を持って移動しているので、どうにも持ちきれないのだ。

ホール管理スタッフをしていると「どうしても持って帰れないので、ホールに飾ってもらえませんか?」と、お声がけいただく時もしばしば。

 

遠征続きだと、配送も難しい場合がある。

 

また、たまに見かけるのが「ナマモノ」の差し入れ。

ケーキやシュークリームなど、要冷蔵のものは、これまた大変。

「デザートにどうぞ~」というお気遣いも、昼食や軽食は前もって手配しているので、お腹的にも食べ切れない。そして、食べる時間もない。

保冷剤にも限界はあるし、冷蔵庫がない場合もある。これまた、誰か食べてくれる人探しがはじまる。


ホールを借りてコンサートをしている時は、借りている時間内に退出しなければいけない。バタバタ忙しい搬出時に、ナマモノも行ったり来たり。

この状況に疑問を感じた私は「なんで、ナマモノを差し入れに選ぶのでしょう‥?」と独り言のようにつぶやいていたら、「絶対食べなきゃいけないからよ。」と教えてもらった。

‥なんと、恐ろしい。

好意を伝えたい気持ち

差し入れをする時って、どんな気持ちだろうか。

お花の場合は「コンサートの開催おめでとうございます!」といったお祝いの気持ちが多いと思う。ロビーにお花がたくさん並ぶと、とても華やかだ。

お菓子などは、個別包装されているものも多く「スタッフの皆さんで、どうぞ。」と一言添えられていることも多い。

差し入れ
慰労や激励などのため、飲食物などを届けること。また、その物。《goo辞書より

 

芸人・キングコングの西野さんは「僕は差し入れは入りません。」と再三、呼びかけておられる。

それでも、差し入れをする方が後を絶たず「差し入れは迷惑です」とはっきり断言。ここだけ聞くと非情な人のように思うかもしれないが、西野さんとしては‥

・体調管理の為、食べ物の差し入れは食べられない。

・捨てるのは嫌。

・食べてもらう人を探さなければいけない。

 

また、移動を控えている時に差し入れをもらうと「持つ」任務が発生する。身軽に移動しようと荷物を工夫していたにも関わらず、手がいっぱいという事態を生む。

中には「いらなかったら捨ててくれたらいいので。」と手渡す人もおられるそうで、「捨てる」という作業までも課してしまう。「捨てるのは嫌だから、いらない。」というと「じゃあ何だったらいいですか?」と。

相手の気持ちより、自分の想いが溢れ過ぎている。

 

 

それでも、差し入れをしたいと思うのは “ 好きです。応援してます。” という気持ちからで、自分の想いを届ける術として、差し入れという手段をチョイスしているとわかる。

だけど、相手がいらないというなら、あげないが正解。それでもあげたいというのは、自己満足の領域に思うが「迷惑です」とは言いにくい。

ナマモノや手作りの食べ物は、衛生管理や体調管理上、特に扱いが難しく、廃棄されることも多い。

でも、せっかくもらったから、もったいないから、と食べ物は粗末にしたくない気持ちは皆あるし、捨てることは精神的な苦痛にもなる。かといって、食べなきゃいけない状況で食べるのは、味を感じる前にツライ。

もちろん、差し入れによって、疲れが癒やされ、出演者やスタッフの士気があがることもある。

差し入れは、状況とタイミング、そして関係性が鍵を握ると思う。

喜びは多種多様

日本には、差し入れ・手土産・お返しなど、贈り物の文化がある。

 

 

相手を気遣うコミュニケーションとして素敵な風習でありながら、ひとつ間違えば、困らせてしまうことにもなるからムズカシイ。

私がコンサートに行く時、知り合いやお世話になった方であれば、差し入れを持っていくこともある。でも今思えば、差し上げたいという自己満足があったかも‥と、少々反省も。

差し入れのマイ基準は、“日持ちがする” “ 迷惑にならないだろうもの”であること。

もちろん、その方の嗜好に合わせて選ぶ。でも、必要でなければ、誰かにあげられるというのが大きなポイント。せっかくあげたのに人にあげるなんて!なんて気持ちは微塵もない。必要な場所に流れて、全然いい。

でも最近、栄養学を学んだことにより、食べる物をあげるって難しいと気づいた。

この飽食の時代、よほど管理している人でなければ、“食べすぎている”パターンが多い。良かれと思って差し上げたものが、残念ながら、身体にとっては良くないこともある。

もちろん、差し入れが嬉しい人は多い。お菓子をもらって喜ぶ人もいるし、お花が喜びの人もいる。

ただ、喜びは多種多様。
差し入れがいらない人は、遠慮ではなく本当にいらないと思っているし、その想いも尊重されて良いのではないだろうか。

コンサートの場合、一番喜ばれるのは、チケットを買って来場すること。

 

 

応援しているという気持ちは、チケットを購入し、予定を調整して、コンサートに足を運んでくれるだけで、充分伝わるしありがたい。

もっともっと応援したいと思う時は、

・もう一枚チケットを買って友達も連れて行く。
・CDやDVDを買う。
・ファンクラブに入る。‥etc

興行や作品にしっかりお金をおとす。これが一番だと思う。

それは、必ず応援している人に巡り、次の推進力になっているから♪

RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. アバター Yuki より:

    (^^)d 確かに。次の移動のある方にはしないか、カードだけ。なま物はいくら好きでもどうしようってなりますねf(^^; バンビちゃんは退かなかったんですね。いいなあ、じっくり見られて。鹿さんたち、事故だけは気をつけて欲しいですね。

    • risu risu より:

      コンサート本番の日は、スケジュールがタイトなので食べる時間がなく、夜は打ち上げに行かれるので、ナマモノはなかなか難しいです。お好きな方には、後日お疲れ様~♪で届けてあげると喜ばれるかもしれないですよね。

      バンビちゃん、ぴょんぴょんと跳ねてお山の斜面を登っていきました。可愛かったです。車と猟師さんに気をつけるのよ~と心の中で声をかけています。