大家さんと僕・大家さんと僕これから / 矢部太郎

素朴な日常を通して映る、お二人の温かいやりとり。 おもしろくて切ない、じんわりと心染み入るコミックエッセイ。 大家さんと僕 / 矢部太郎 大家さんと僕これから / 矢部太郎 素朴な日常の風景度 ★★☆ 時代を感じられる度 ★★★ あたたかい心のやりとり度 ★★★   ● リスの視点 漫画なんだけど、漫画じゃない。これが初めて読んだ感想だった。 約2年前、本屋さんでなんとなく見本を手に取っ […]

音楽ビジネス成功の條件

初版が1992年の翻訳書。 翻訳元の書籍は、「ALL YOU NEED TO KNOW ABOUT THE MUSIC BUSINESS」。 レコード契約、音楽出版、アドバンス、ロイヤルティ、著作権など、知っておきたい音楽ビジネスの基礎知識を解説している。発行年から考えると、情報は少々古い点こともあるが、音楽ビジネスのヒントになる点も多い。 アーティストのための音楽ビジネス成功の條件/ドナルド・S […]

AERA対談集・星野源ふたりきりで話そう

とりとめのない話だから、おもしろい。 会話のゴールも、力みもない “雑談のおもしろさ” が詰まった対談集。 ふたりきりで話そう / 星野源 会話の自由な流れ度 ★★☆ かっこつけていない度 ★★★ 雑談のおもしろさ度 ★★★   ● リスの視点 私は、雑談が好き。 雑談は、言ってしまえば、何でもない会話。 誰かにとっては、どうでもいいような話でも、ほんの些細な話題で楽しく笑えたり、閃きや […]

Lily -日々のカケラ- 石田ゆり子

やわらかく、潔く。 表情にも文章にも、凛とした素敵な姿が映るフォト&エッセイ。 Lily – 日々のカケラ –  / 石田ゆり子 何度も読んじゃう度 ★★☆ 素敵な女性度 ★★★ 心の潤いアップ度 ★★★   ● リスの視点 インスタグラムを初めてしばらく経った時、“ 石田ゆり子さんのインスタグラムを見つけた。 お仕事、日々の暮らし、飼っている猫&犬‥どの写真も文 […]

映画が先か?原作が先か?

現代、ドラマや映画は、小説が原作というものが多い。     有名なのは、アガサ・クリスティー「オリエント急行殺人事件」や、J・K・ローリング「ハリーポッターと賢者の石」。 日本の作品では「君の膵臓を食べたい」「舟を編む」「ゴールデン・スランバー」など、上げればキリがなく、中でも「マスカレード・ホテル」「ラプラスの魔女」「白夜行」「人魚の眠る家」など、東野圭吾さんの作品は特に多 […]

ブッダも笑う仏教のはなし

ぷぷっと笑ってしまう仏教本は初めて。 講義を聞いているような話し言葉&例え話満載で、面白く教えてくれる仏教のオハナシ。   ブッダも笑う仏教のはなし / 笑い飯 哲夫 仏教知識度 ★★☆ 読みやすさ ★★★ 仏教初心者オススメ度 ★★★   ● リスの視点 数年前から急に「仏教」への興味が湧きはじめた。 お寺に行くとなぜか心が落ち着き、仏像を見ると存在感に圧倒される。法事の時に […]