私の図書館活用法

私の図書館活用法

図書館とワタシ

私が図書館に行くようになったのは、一人暮らしをはじめてから。

本を読む習慣のない両親と過ごした子供時代は、本は少し遠い存在だった。

歩いていける距離に図書館はなかったし、学校の図書室では、クラスで流行していた「歴史の漫画」ブームにのって「卑弥呼」を読んだくらい。

夏休みの宿題:読書感想文にいたっては「本のカバーに書かれた要約部分でも読んでテキトーに書いたらいい。」と言う破天荒な母。‥それって逆にムズカシイ。

教科書以外でまともに初めて読んだ本は、推薦図書にあった「十五少年漂流記」
校内の読書感想文コンクールで佳作をもらい、本のおもしろさ&やっぱりちゃんと読まなきゃ感想なんて書けへんと実感した。

大阪で一人暮らしをしていた頃‥お金はないけど、時間はある。

近くに図書館があったことから、なんとなく行ってみてハマった。
それから早10年以上、図書館通いは続いている。

読書の時間

活字中毒とまではいかないけれど、一日の中で「本を読む時間」は特別な時間。

主に小説やビジネス書。あとは料理や暮らしなど生活に伴う本が比較的多く、純文学は少し苦手。あと、漫画はあまり読まないほう。

日々の忙しさの中でも必ず確保できる読書の時間は、お風呂に入っている時。

お風呂の蓋をギリギリまでしめて、本を置きつつ読む。
長湯が苦手なので、湯船に使っている10~15分ほど。たまに夢中になって、半身浴でデトックスをしている女子のごとく、汗をかく。

面白い本に出会うのは、楽しくて嬉しい。
ただそうなると、何もかもそっちのけて読みたくなるので危ない。

特に小説の展開が気になる「わくわく」は、他の娯楽ではない楽しさを感じる。
そんな小説に出会いたい、でも、今は仕事の〆切が迫っているから‥あえて本には近づかない。そんな繰り返し。

 


読書のお供は、マンタのしおり♪

ある時の本コーナー

隊長も本が好きなので、お互い気になる本を図書館で借りてきて、本コーナーで共有。

リビングの一番目につくテレビ台の上に、借りている本&読みかけの本を並べる。

 


とある月の本棚

 

デジカメ関連、 料理関連:スープにライザップごはん、仏教と日本史、サービス、エッセイ(はぁちゅう・さくらももこ)に小説3冊(三浦しをん・湊かなえ・川村元気)

我ながら、なかなかバラエティにとんだジャンル。
湊かなえさんの「山女日記」面白かった!「舟を編む」は時間切れで読まずに返却‥また次回。

 

また、ある月の本棚

 

知人の著書、矢部太郎さんの漫画、群ようこさんの小説、お店や家のリノベ関連、ロザン菅さん・キングコング西野さんの本に、野良猫の拾い方、文章力について等。これまた共通点の少ないラインナップ。

ラベルが付いていないのは購入本。
仕事もプライベートも含めて気になっていること、興味が湧いたこと、あらゆるジャンルの本をざざっと借りれるのが図書館の魅力。

何度も読みたい本に出会ったら

図書館の予約システムも絶賛活用中。
人気本は、何百という予約が入っている。

 


こちら現在のリスの予約状況

 

気になる話題書や人気の小説はひとまず予約をして、気長に待つ。

東野圭吾さん「雪煙チェイス」は、まもなく♪
「コンビニ人間」は2017年1月に予約してようやく待ち順位1位。長かった‥笑。

世間的に人気だからといって、自分が好きかどうかは別問題。又吉直樹さんの「火花」も、中村文則さんの「教団X」も私には響かなかった。

なので図書館で借りて読んで‥もう一度読みたい、手元に置いておきたいと思ったら購入している。

その典型が、一人暮らし時代に出会った三谷幸喜さんのエッセイ。
朝日新聞に連載されているエッセイをまとめたもので、1年に1度くらいのペースで発売されている。そろそろかな~と思っては発売を確認して購入し続けている。

 

 

日常的なことも、制作裏話も、三谷さんの視点がとてもおもしろい。三谷さんの影響で、アガサ・クリスティの主要な小説も読んだ。

「図書館があるから本の購買が伸びない」という論争があるらしい。

本も、コンサートも、演劇も、どんなこともある程度内容を知って初めて‥興味がそそられてファンになってゆく。

私にとって本は、図書館での出会いがきっかけとなったことが多い。

大津市図書館では、一度に15冊の本を3週間借りられる。予約も15冊までOK。この記事を書きながら‥図書館の予約画面をよ~く見てみたら‥

 

すごい!累計利用400回!!!!

 

一体‥何冊の本を読んだのだろぅ。

これからは胸をはって「図書館女子」と名乗ることにします。ありがとう、図書館。


 

《 Risu’s Pick up ☆ 》


三谷幸喜のありふれた生活15 おいしい時間

7/20に新刊がでるらしい~楽しみ!

 


山女日記

イヤミス=(読んで嫌な気分になるミステリー)の女王と呼ばれる、湊かなえさん。でも、先が気になってぐいぐい読んでしまう魅力がある。

この作品もそんな感じかと思っていたら‥こちらは様々な想いを抱えて山に登る女たちのお話。山を通しての心の動きや交流がとても面白い。もう一度読みたい1冊☆

 


ブッダも笑う仏教のはなし

最近、仏教に興味があります。
かといって、教科書のように難しく説明されても頭に入ってきにくいし‥そんな時出会ったのが、笑い飯 哲夫さんの著書。

ユニークで面白くて勉強になります。手元に置いておきたい1冊☆

リスノ巣箱カテゴリの最新記事