2018年9月

目の細胞が減少中です。。

鮮明なコンタクト世界 コンタクトレンズを初めて使ったのは、高校3年生の終わり。 使い初めは、目に異物(=コンタクト)を入れる拒否反応が強く、入れるだけで30分くらいかかった。 コンタクトレンズを入れて最初の感想は「自分の肌ってこんな汚いのか?」という現実。ぼやっとした中で過ごしていたので、悲しい現実を含みつつも鮮明な世界に感動したことを覚えている。 私の裸眼は、視力検査の早い段階で「C」の穴を見失 […]

アフレコ部隊がやってきた!

映画やアニメ、TVドラマなどで、セリフを後から録音することを「アフレコ」という。 アフレコの解釈はいろいろとあるのだが、元からある映像に合わせて、セリフなどをアフター(後)で録音(レコーディング)するという意味だ。 アフレコ部隊がやってきた 以前、インディーズ映画を制作しておられる夜西敏成監督から、映画の劇中歌の編集・音源制作の依頼を受けた。 映画タイトルは「サファイア」。 ゆうばり国際ファンタス […]

童謡100年

今年は「童謡100年」 母の背に負われて、歌う童謡を聴く…なんてのは、かなり昔の話。 小学校の音楽の授業で習う曲も、最近では今風の曲が多く取り入れられ、童謡・唱歌に接する機会も少なくなっているそうな。 私達にとっての童謡にまつわる思い出と言えば‥‥二人揃って特になし(苦笑) 隊長の母は多忙極まりなく、リスの母は山口百恵とピンクレディー好きだったので、素敵なエピソードはありません。 それでも知ってい […]

悩ましきギター

今の子どもさんは、日々習い事で忙しい。 曜日ごとに数種類の習い事をこなす多忙っぷりで、寝不足な子も出てきているとか。 「○○ちゃ~ん。あ~そぼ~」 「家にランドセルおいたら公園に集合ね!」 みたいな、ゆるやかな放課後を過ごしてきた私には、想像ができない世界。 習い事の記憶:エレクトーン 私にとっての習い事といえば、エレクトーン。     幼稚園の年長さんの時、気づけば、エレクト […]

発表会に思うこと

先日、いつもお世話になっているピアニストさんがされておられる音楽教室の発表会へ行ってきた。 ピアノを中心に、声楽、合唱、そしていろいろな管弦打楽器が登場し、聴いて見て楽しい音楽会形式。 楽しい時間はあっという間。 約三時間に近い発表会だったが、気がつくと終わっていた。 発表会シーズン コンサートホールの管理業務を行っているので、一年間に何度か発表会を担当することがある。     […]

北海道地震の影響‥

今はただ願う‥ 台風に地震‥ 被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 何事も前向きに楽しくがモットーの私達ですが、「めでたい思考回路」なんて、言っていられない事態になってきました。 2年前強風によって、お山は2日間停電となり、電気のない不自由さ・不便さ・心細さを思い出します。 その時は、仕事の締切前でパソコンが機能しないと何ともならないと‥琵琶湖の東側に避難して何とか業務をこなしました。 […]

超精密な性格診断・エムグラム

小賢しい? 自分のことって、意外とわかってないなと思うことがある。 年を重ねるに従って‥ 自分の嫌なところも目を背けず認められるようになったと思いきや、未だに「えっそんな風に見えてるの?」と驚くこともある。 先日、TVドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」を見た。 世間が恋ダンスでブームだった頃は、見ぬまま過ぎ‥今年のお正月に一挙放送されていたので録画。何がそんなに受け入れられたのだろうと、世間の反応を […]

台風21号がやってくる。

今日のお昼のニュースやワイドショー。 どの局も「非常に大型の台風21号が上陸」の話題を取り上げている。 私が幼い頃の台風の記憶といえば、床下浸水だ。 実家の前にある川幅1m程度の川。 台風で大雨となるたび、川が氾濫。床下浸水を繰り返していた。 台風の後には、塵取りを持って流れ込んできた泥と、泥に紛れているアメリカザリガニを掻き出すことが子供の仕事だった。     今でこそ川底を […]