2018年3月

1/2ページ

レコーディングの“いい準備”ってどんなの?

3/16の「レコーディングって怖い?」記事。 会議の終わり〈今日の結論〉の一文に「いい結果を生むためには、いい準備が必要だということもお忘れなく。」と書いたのだが、読者の方から「ところで“いい準備”ってどんなこと?」という質問を頂戴しましたので、今日は「いい準備」についての議論を、ひとつ。 本日の議題:“いい準備”ってどんなの? 今まで、いろいろな方々がレコーディングで当スタジオを訪れてくださった […]

御朱印女子がゆく・元善光寺編

きっかけは美しさから 今年から初めてみようかな、と思っていたことの一つ、御朱印集め。 神社やお寺が特別好きというより、御朱印そのものの美しさから興味が湧いたことがきっかけ。 達筆な文字に朱色のはんこ。神社やお寺によって、それぞれ違うので、とてもデザイン的というか芸術的♪ 神社やお寺を訪れて、澄んだ空気に気持ちを落ち着けて、御朱印をいただく。 そんなひとときを過ごしながら御朱印集めするのもいいな~と […]

私流エンジニアへの道

Road to Recording Engineer 「ただの録音好きな私」から、 「エンジニアの私」になった第一歩は、アメリカ留学。 20代の後半、私はアメリカの専門学校へ1年半通った。 仕事も覚えて楽しくなると言われる働き盛り真っ只中、突如アメリカへ渡った私。 海外留学そのものにも以前から興味があったし、年齢的にもこれがラストチャンス?とばかりに思い立ち、本場?でのレコーディング技術を学ぶ為と […]

つかみのバッジ作戦

今日の会議テーマは「掴(つか)み」 さて、私たちは貴方のハートを鷲掴みできるのかっ? 掴み(つかみ)を作る 「つかみ」‥関西人なら、特に馴染みのあるワード。 簡単に解説するならば、 相手の関心を引きつけること、また、続きが気になる心理状態。 後辞苑第八版によると「漫才の開始時『この話、面白そうだ』と、興味がそそられて先を見たくなるさま、および、状態のこと」を「掴みはOK!」と表現するそうだ。 また […]

紙を楽しむ。紙博を楽しむ。

気になる紙モノの存在 紙が好き。 特別こだわりを持っていたり、とりわけ詳しいわけではないけど、紙モノというだけで、私のわくわくできるポイント。 本もデジタルより、やっぱり紙。 たまたま何かのきっかけで楽天マガジンのアプリを利用しはじめた。月額¥380で200誌以上が読めるので、情報収集にはとても便利。 でも、スマホで読むと、なんだか楽しさが半減してることに気づく。 さくさくと次ページへ指をスライド […]

長い長い長い戦い@京都【後編】

全くの初心者によるフルマラソンの戦い。 先週に続き、長い長い長い戦いの後編(前編)。少々長くなっておりますが、最後までお付き合いくださいませ。 では、はじまりはじまり~♪ めでたい私の挑戦も、いよいよ本番。 少々の不安の中、当日の朝を迎えるのである。 サポートはお任せください スタート会場に入ると、師匠からさまざまなグッズが配給された。 「これは10km20km30kmの段階で補給してね」と補助食 […]

「レコーディングって怖い?」

スタジオを運営していて、音楽の話が全くないのは少々変ではないか?という疑問もちらほら… ということで、今日は音楽話。レコーディングについての議論です。 第2回会議:議題「レコーディングは怖い?」 スタジオを始めてから今年で約7年。 多数のお客様がご利用下さり、たくさんのご縁があった。 うちのスタジオでは、レコーディングをするにあたり、可能ならば、事前打ち合わせをさせていただくか、もしくは、レコーデ […]

我が家ルール

嫁のあるべき姿 男は働き、女は家庭を守る。 私の父にとっては、それが基本だった。 男にとって仕事こそが役目であり、家や子供のことは女の仕事。言うならば‥ 旦那様が帰宅するまでは起きて待つ。 お風呂はもちろん、旦那様から。 旦那様は、家事は一切せず仕事オンリー。 というような、今で言うところの昭和な意識。 そんな意識の父に対し、母は理想とは遠う奔放タイプだったので、実際は、旦那様第一主義の中で育った […]

長い長い長い戦い@京都【前編】

ウォーミングアップの時に、ランニングするのが嫌いな隊長です。 駅では、階段より、エスカレーターを選びます。 そんな私が2014年にランニングを始め、2015年の京都マラソンに出走しました。 全くの初心者による挑戦の一部始終と、気持ちの流れを告白。 長い長い長い戦いの始まりです。 大人の部活動 2014年の秋から大人の部活動を始めました。大人ランニングクラブです。 始まりは、「もしよかったら一緒に応 […]

めでたいロゴマークが完成

先週の「めでたい会議」結論にて、「めでたいロゴを作成する」ことが決定。 今週はその実践編ともいうべき、デザインの苦悩?迷走っぷり?を赤裸々にお届けします。 第1回指差し確認:「めでたいロゴを作る」 デザインコンセプトは「単純で、素朴で、おもしろ味も感じられるマーク」 そして、イメージは「鯛」 “めでたい”つながりで鯛をベースにすることに同意したものの、イラストが得意なわけではないリスにとって魚は難 […]