Spotifyで彩るひととき

Spotifyで彩るひととき

ストリーミングってなに?

近年「Amazon Music」や「Spotify」などのワードを耳にする機会がぐんと多くなった。これらは、音楽のストリーミングサービスと呼ばれる。

ストリーミング
データをネット上で読み込み・再生する方式のこと。

私達は、家で過ごす時に音楽をかけていることが、実は、ほぼない。

車に乗った時は、半分の確率で何かを聞いているけれど、四六時中‥音楽を聞きたいタイプではないので、ストリーミングサービスは、さほど興味がなかった。

音楽のストリーミングサービスは、登録されている何百万曲もの音楽が聞けるというもの。無料のサービスから有料のものまで種類も様々。

有名どころは「Amazon Music」「Apple music」「Spotify」、その他「LINE」や「Geogle」「楽天」などもあるようだ。

Spotifyを使ってみた

ある時、急に思い立って、Spotifyを試してみる気になった。

世間で受け入れられているモノには、それだけの理由がある。なんでも試してみよう、とスマホの「Spotify」アプリをダウンロード。

 

こちらはWEB版:Spotify

 

これがびっくり‥とても楽しい。

「Spotify」を選んだのは、単純に無料だったから。

ただ、それだけの理由だったけど、このサービスはおもしろい。

音楽は、登録されている「アーティスト」や人気の「チャート」で探せるほか、「ジャンル&気分」というものがある。私は専らこれを利用。

 

 

「ジャンル&気分」は、名の通り「ロック」「R&B」「ジャズ」といった音楽ジャンルの他、『ムード』という中には‥「朝モーニング」「スリープ」「昼下がりボサノバ」など、シーンに合わせた楽曲が〈プレイリスト〉として、まとめられている。

 

 

また「猫と昼寝」「なにもしたくない」「めざましメタル」といった具体的な場面を想定したプレイリストもあって楽しい。

日本の楽曲プレイリストでは「昭和歌謡」「My Generation:80’s」など多数あって、試しに「昭和歌謡」をかけてみると‥

 

 

三波春夫さんの「世界の国からこんにちは」が流れてきた。次にテレサ・テンさんの「つぐない」。部屋が一気に昭和ムード。

気に入ったプレイリストは、ハートマークをポチッとクリックしておけば、Mylibraryに登録され、いつでもまた聞ける。

不便な点をあげるならば、時々広告が流れる&1時間に6回までしか曲をスキップできないこと。無料で利用しているので、これは許容範囲内。

ちなみに、Premium会員(有料:月額¥980)になれば、広告もなく色々な制限もなくなる。私は無料で充分満足。

私流のSpotify活用法

私が利用するのは、パソコンに向かうデザイン業務や事務作業の時が多い。

その時は、ほぼインストゥルメンタル(歌がない楽曲)。

 

 

アコースティックギター、ウクレレなどで奏でられるゆったりとした音楽は、集中したい時によく合う。

また「エレクトロニカ」と呼ばれる、電子音で奏でる音楽も好き。

中でもテンポのよいリズムのものは、デザインをしていて「きたーこれだー!」とテンションが上った時に、気分の高揚を後押ししてくれる。プレイリストでは「集中エレクトロニカ」がお気に入り。

他に利用するシチュエーションで多いのは、食事の時。

 

アプリでささっと選べて簡単

 

先日、外で七輪BBQをした時は「レゲエBBQ」や「Latin Dinner」で外ムードを楽しみ、シャンパンを呑む夜は「Mellow Dinner」をチョイス。

気分に合った音楽をかけると、空気に「彩り」が加わったような感覚になる。

音楽通の方が選曲してくれたプレイリストは、BGMとして利用するにはとてもありがたく、知らなかったアーティストを知るきっかけにもなっている。

Spotifyの登録楽曲は、約4000万曲。
便利な一方、4000万曲が無料で聞ける時代だということだ。

今やYoutubeで一曲まるごと聞けるアーティストさんも多く「楽曲をCDで売る」ことに、重きは置かれていない。

音楽は今そこらに溢れているし、音楽ビジネスもどんどん変わっていく。
仕事柄、敏感にアンテナを張り巡しておかねば、追いていかれそうなスピード感がたまに恐ろしくもある。

CD一枚買うお金が¥3000として、有料ストリーミングサービスが月¥980とした場合、こちらは、3ヶ月間約4000万曲が聴き放題となる。

よほど思い入れのあるアーティストでなければ、CDは買わないだろうし、これからその流れはもっと加速化するはず。

数十年後には、CDが今のレコードのような扱いになっていても不思議ではない。

ともあれ、Spotifyは、便利で楽しい。
CDを制作する立場として、この感覚に素直に向き合っておくことは大切。

そんなことを思いつつ、今のBGMは「静かな夜のカフェ」から、ビル・エヴァンス。

お山の夜を少しばかりオシャレにしてくれる。‥ハイボール呑も。

 

JAZZってウイスキーを呼ぶよね

リスノ巣箱カテゴリの最新記事