六角堂へ初詣&変わりみくじ

六角堂へ初詣&変わりみくじ

 

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年1回目!今年もめでたく楽しくまいりますっ。

初詣

お正月といえば、実家へ帰省したり、親戚で集まったり。
交流盛んなイメージだけど、我が家はそういうこともなく、二人だけのお正月を過ごす。

なので、基本は自宅でゆっくり過ごしている中、お出かけといえば、初詣。
年末のバタバタまでをも一緒に年越ししていたため、元旦はゆっくり過ごし、今日初詣へ出かけた。

 

 

うちは、決まった神社やお寺にお参りするのではなく、毎年違うところへ出かけるスタイル。どこに行くかはリス選定。その選ぶ基準のひとつに「おみくじ」がある。

かわいい&個性的なおみくじ=「変わりみくじ」がとても好きな私は、Geogle先生に京阪神の変わりみくじを教えてもらいながら毎年検討。

今年の干支はイノシシ。
時々通る道に、狛犬ならぬ狛亥が鎮座している神社があることを思い出した。

小さな神社なので、人も少ないかな~と目星をつけていざ出発!

護王神社からの八角堂(頂法寺)

京都御所の西側にある護王神社

家内安全や商売繁盛、交通安全のほか、足腰の健康・病気怪我回復のご利益があると有名。また狛亥から、イノシシ神社とも呼ばれているらしい。

護王神社のおみくじ。
イノシシの置物の中におみくじが入った、変わりみくじがある。今年はイノシシさんを玄関に飾ろ~♪と思っていた。

近くまで行くと、臨時駐車場は満車。周辺のコインパーキングを探そうと前を通りかかったら‥‥

 

あふれる人・人・人。

 

鳥居前から外壁をつたっての行列!参拝する方々が列をなしているではないか。

さすがの亥年。
2日だし、小さな神社だし、と思ったけど甘かった。

即時、参拝を断念する私達。人が多いのはどうも苦手、イノシシの置物を飾る予定からの切り替えは素早い。

ということで、もうひとつ目星をつけていた六角堂(頂法寺)に予定を変更。こちらには、鳩の変わりみくじがあるのだ。

八角堂へ参拝

 

六角堂(頂法寺)
正式名称は紫雲山頂法寺で、天台系の単立寺院。
本堂の形が六角形であることから、古くより「六角堂」の通称で知られ、親しまれています。聖徳太子が用明天皇2年(587)に創建したと伝え、本尊如意輪観音像が人々の信仰を集めてきました。華道家元池坊が住職を務め、いけばな発祥の地としても知られています。

 

あぁいい感じ。
京都の町中のお寺ということで、周りはビルがいっぱいだけど、静かな時間が流れている。人も少なめ◎

手水舎でお清めし、お線香を1本づつ。

 

 

お線香の香りが気持ちを鎮めて、穏やかにしていく。

お参りをしたあと、おみくじ&お守りを求めに納経所へ。お義母さんとお義父さんにお守りを購入するのも毎年恒例。

 

京都六角堂のお守り膝が痛いお義母さんに、健脚健康草履守。
お義父さんには、幸運を呼ぶ鳩まもり。かわいい。

 

そして、こちらがお目当ての鳩みくじ。

 

京都六角堂の鳩みくじ鳩さん、どんなお告げでしょうか。

隊長:中吉
リス:吉

“欲に執着せず人を羨むことなく、小さきものに目を向けよ”

 

はい、仰せのままに。
仕事も暮らしも、切実に丁寧に。わかっていたつもりだけど、鳩さんからの念押しを心に留めおく。

 

御朱印もいただいて、参拝終了。

楽しい変わりみくじ!

全国には、かわいい変わりみくじがいっぱい。
毎年一つづつ集めるのがここ数年の楽しみになっている。

 

日吉大社 / 神猿みくじ

上賀茂神社 / お馬みくじ

平野神社 / りすのお告げ

 

色んな神社やお寺さんに行って、これからも集めたい。これも楽しみであり、出会い。

そうそう。
変わりみくじ<番外編>といえば‥

年末にリカーマウンテンでこんなくじを買っていた。値段相当かそれ以上、特等だったら1万円の獺祭が入っているとか!

 

ワインやウイスキー、シャンパンverも有

 

とはいえ、これまでの経験では、値段相当のものしか入っていたことはない。

お正月の楽しみとして当たってなくてもOK~と開けてみたら、

 

おぉ!2等の久保田が入っていた!

 

いい巡りを感じる最近。
心に余裕もって、いつも楽しく、遊び心と共に。

本年も素敵なご縁を願って‥★

 

リスノ巣箱カテゴリの最新記事