関西蚤の市へゆく

関西蚤の市へゆく

蚤の市といえば

蚤の市。なんとも気になる響き。
アンティークの一点物もあれば、怪しげな雰囲気のものまで‥一同に会すマーケット。

今では、フリーマーケットも一種の蚤の市という解釈のようだけど、少し様相は違う。

先日、阪神競馬場で開催された『関西蚤の市』

 

 

関西蚤の市は、今年で5回目。
近年12月の1週目あたりの土日2日間で開催されていて、ずっと気になっていたイベントのひとつだ。

12月初旬の土日は、いつもコンサート業務が入っているので断念していたのだけど、今年は運良く1日だけ空いていた。

チャンス到来~♪とばかり、意気揚々と出かけてきました!

関西蚤の市2018

会場は、阪神競馬場内のイベント広場。
130もの出店者さんが集う。ワクワク感がたまらない。

入場料は、阪神競馬場に入るための200円。パンフレット&チケットもかわいい。

 

 

このチケット。楽しい仕掛けになっていて、3つの指令をクリアしてサンタさんからのプレゼント=関西蚤の市限定の「うまい棒」をプレゼントしてもらえる。

その1つの指令が、このチケットの半券に願い事を書いてツリーに飾るということ。

 

 

指令に挑もうかなと思いつつも~見るのが忙しい&人が多くて、リスは断念。

その他、北欧の町並みが書かれたボードに自分の似顔絵を書きましょうといったコーナーも。

 

 

私が訪れたのは、オープンして3時間後くらいだったけど、マンションはどこも満員。

 

 

子供さん達は、屋根にも書いてみたりと楽しそう。こういう参加できる工夫は、イベントの醍醐味。

また、入り口入ってすぐの所では、こんなコーナーを発見。

 

 

コンピューターがランダムに選んだ馬券を購入できる、いわゆる運試し馬券¥500(3連複¥100×5セット)。

また、色カードが同封されていて、1着になった騎手の帽子と同じ色であれば、関西蚤の市限定の豆皿がもらえるというもの。

昔に比べて競馬をする人は減少中で、特に若者離れは激しいらしい。
JRAのCMも若手俳優さんを起用し、競馬初心者にも楽しい内容でアピールしている中、今日の阪神競馬場は若い女性がいっぱい。

馬券の買い方がわからない人でも、限定の豆皿目当てでも、気軽に参加できる。会場が阪神競馬場ならではの発想でおもしろい。私も1枚購入~★

 

当たるかな~♪

会場をてくてく

会場内には、関西北欧市・関西豆皿市&箸置き市・花マルシェ・フード&おやつ・ワークショップ・ライブステージなどなど、たくさんのブースがある。

私は、人の少なそうな店から順にざざっと見て歩いた。最初に購入したのが、こちらのユーカリ。

 

 

ドライフラワーにしたらかわいいな~と以前から気になっていたユーカリ。2本で¥500。

店員さんの横で、枝を選ぶリス。
すると、お客さんに「これいくらですか~?」と聞かれる私。

店員さんは真横にいるというのに‥よほど店員ちっくなのでしょうか。リスノあるある。

洋服、アクセサリー、食器、家具。あらゆるものが並んでいて、謎のものもたくさん。これぞ、蚤の市。

 

 

会場内には、ライブスペースもあって、リスが行っていたときには、「ザッハトルテ」さん(アコーディオン・チェロ・ギターの京都出身のインストバンド)とピタゴラスイッチのテーマ曲で有名な「栗コーダーカルテット」さんが演奏。

アコーディオン‥リコーダー‥ウクレレ‥

などの楽器が奏でる優しい音色が響いて、晴天に恵まれた会場に優しく流れる心地よい時間。

また、会場内には手まわしオルガンのKojiKojiMoheji(こじこじもへじ)さんも。

 

手品じゃありません。演奏用のカード。

 

見て楽しい、聴いて楽しい、手まわしオルガン。
KojiKojiMohejiさんは、演奏カードを自作されているそうな。また、HPを見ていると‥バグパイプ奏者でもあり、なんとジャグラーでもあるようで‥すごい!!

私が立ち寄った時、演奏しておられたのが「ドラクエ」のテーマ曲。まぁ音色とぴったりしっくり。音楽は空間に彩りを与えてくれる♪

フード&おやつコーナーは、どこも行列で盛況。
久しぶりに見かけた大好きな「フロレスタドーナツ」も、売り切れで買えずで残念。

途中、競馬場に行ってみたりしつつ~結局夕方まで歩き周って、気づけば9000歩突破していた。

購入品&運試し馬券の結果

予算¥5000と決めていたはずが、少々オーバー。
お山に住んでいると、なかなか買い物もできないし~と自分を甘やかす。リス購入の品はこちら。

 

ユーカリ・綿花のボール・お皿4枚・お正月飾りの手作りキット・運試し馬券

 

蚤の市に行っておきながら、まずまず正統なものを選ぶ私。
小さなお皿がほしいなぁーと思っていたので、大満足。こちらは、愛知県瀬戸市のstudio m’さんのお皿。

本当は4枚づづ欲しかったんだけど、予算を大幅にオーバーするので断念。

あっ!もし運試し馬券が当たったら買って帰る!!とレースを見に行った。

馬券の買い方は色々あるのだけれど、こちらは3連複という買い方。1~3着までの3頭を選ぶというもので、順位は関係ない。私の運試し馬券と色カード。

 

GoodLuckの文字入り馬券

 

運試し馬券の対象レースは、メインレースと呼ばれる11レース。12頭が駆け抜ける!!!

 

足音の迫力!!走る姿が美しい。

 

結果は‥1着9番、2着2番、3着10番。配当:¥5260(3連複)

リスノ運試し馬券には、1・2着の9・2番はあったものの、3着目の10番がなくてハズレ。。。豆皿がもらえる赤の帽子の騎手は、4着でハズレ。

そんなうまくはいかないのが人生なのです。

でも、馬が走り抜ける音&躍動感に少しの期待が加わって、ワクワクしたなぁ。お皿を増やしていくのは、自力でコツコツ楽しめばよし。

初の関西蚤の市を、たーんと満喫。
次回行けた時は、予算を潤沢にして望まなきゃ。でも、運試し馬券のワクワクも、もう一度満喫しちゃうな~きっと★

リスノ巣箱カテゴリの最新記事