悲報:TVが壊れました‥緊急家電会議

悲報:TVが壊れました‥緊急家電会議

水曜日の朝、TVをつけた。
あれ?‥画面は真っ黒のまま。

「主電源がきれてる?」主電源のスイッチを見ると、入ったまま。
「リモコンの電池がなくなったか?」と、リモコンの電池を交換してみたのだが、いっこうに映る気配がない。

きづけば、電源ランプが異常な点滅を繰り返す。。
ま、まさかの故障…!?!

 

 

家電の終わりは、いつも突然やってくるのです。

現状把握&市場調査

保証期間はとっくの昔に過ぎていることはわかるけど、そもそもいつ買ったっけ?

テレビ裏の製造年を確かめると…
2004年製造のSHARP/AQUOS 32型。もう14年も月日が経っていた。

テレビの寿命は、一般的に8~10年。
随分長く頑張ってくれていたことになる。テレビを責めることはできない。

仕事の合間に緊急会議を割り込ませる。
めでたくない家族会議〈家電編〉がスタート。

現代、テレビはとても安くなっている。とはいえ、そこそこの出費のため、生活への打撃は否めず。

かといって、テレビがない生活もムズカシイ。

偶然にも近所のJoshinが移転オープンセールの真っ最中。ひとまず、テレビの市場調査に繰り出すことにした。

 

 

綺麗すぎるテレビ画面に立ち尽くす

Joshinのテレビコーナー。
壁一面に巨大なテレビが並んでいる。その画面のまぁ~きれいなコト。

発色も良く、艶やかで、この画面に映れば、全てが綺麗に見えるのではないだろうかと思うクオリティー。

60インチや55インチのテレビの前で二人、ひたすら画面に見入る。うちのリビングでは、到底置くことができないとわかっていても…見入る。

この時映っていたのは、SEKAI NO OWARIのライブ映像。
それほど興味は無いけれど、いつまでも見ていられる綺麗さに二人で釘付け。

画面右上のプライスカードに目をやると、¥560,000。
どんなに綺麗であっても、このテレビを置くスペースも、金銭的余裕も、私達には無い。

仕方なく現実に戻って、20~32型コーナーへ。こちらでは、プロ野球日本代表戦が映っていた。

横並びの野球中継を見ていると、メーカーによって明らかに印象が違う。
顔の色合い、明るさ、芝の鮮やかさ、ユニホームの色合いなど、1つのテレビだけを見ていれば、みな綺麗に見えるけど見比べてみると差は歴然。

やはり、質と値段は比例しているのです。

リスの名言?発動

隊長:「分かってはいたけど、今のTVはどれをとっても家のTVより綺麗ね。」

リス:「…」(いろいろなTV画面を見比べるリス。)

隊長:「どうせなら、4Kにしますか?この外国製のやつならむっちゃ安そうだし。価格コムでさっき見たら国内メーカーの32型と同じくらいの値段だったし。」

リス:「海外メーカー!?!なんでよ。見てよ、この差。ありえへんでしょ。」

隊長:「いやいや。画面調整である程度は補正出来るんちゃう。それに値段も…」

リス「ないない!ちゃんと見てよ。ここは、ソニー・シャープ・パナソニックの3択以外なし。」

隊長:「出た!国産信者。見れたら良い的な発想はございませんか?」

リス:「よく考えて。テレビは少なくても10年共に過ごすんやで。この綺麗さ見たら、海外メーカーにランクダウンさせる意味がわからん。」

隊長:「え~、家電量販店の罠にはまってませんか~。」

 

 

我が家はテレビをそれなりに見るほう。
でも「それなり」であって、映画やスポーツもたま~に視聴する程度で、しょっちゅう見ているわけではない。

なので、テレビ購入の指針としては‥

・サイズ:今のテレビとほぼ同じサイズか、少し大きめ。
・予算:5~8万くらい。
・特別なものではなくてOK。

という感じでスタートしたはずの市場調査なのに、リスが「これにしよう!」と選んだのは、50型の4K倍速のSHARP・AQUOS ¥112,000。

隊長としては、Hisenseの43型4Kを提案するつもりだった。まさかリスが、テレビ選びでこんなに熱弁をふるうなんて想定外だ。

リスは「機器に詳しいくせに、なぜにHisense?ってか、初耳やし。それどこのメーカー?!」といぶかしげ。Joshinのテレビコーナーですれ違う私達。

ハイビジョン?フルハイビジョン?4K?倍速?

ひとまず市場調査を終えて、会議場所を自宅へ戻す。

そもそも「ハイビジョン」「フルハイビジョン」「4K」「倍速」など、書いてあるワードが、リスにはいまいちわからない。

リスの判断基準は、画面の色合いや鮮やかさのみ。
ここで一家に一人「有川くん」の解説がスタートした。

有川くん解説
ハイビジョン、フルハイビジョン、4Kって、何が違うかというと画素数。
画素数はハイビジョン<フルハイビジョン<4Kの順で高くなり、4Kはフルハイビジョンの4倍の画素数。画素数が高いと、より精細な映像が表示できるってことなのよ。

 

 

隊長:「で…聞いてますか?」
リス:「要するに4Kが一番綺麗なんやね。綺麗に越したことないやん。あとは、予算との相談だけやな。」

たくさん意見を交わし、よく分かっていないながらも50型4K倍速をやたら押してくるリス。

その晩、ドラマ「獣になれない私たち」が見れないと嘆いたかと思ったら、GYAOアプリを使ってiPhoneで視聴していた。

隊長:「iPhoneで見ても楽しめるんやし、何でもいいやん。」
リス:「た、たしかに。。。」

ひとまず、実家で不要になったテレビを設置。32型の前に24型を置く。気分は、ビジネスホテル。

 

 

Amazonセールか歳末セールの時にでも買おっか。
議論だけ熱くなった我が家の家電会議は、ひとまず保留となりました。

いつ買うの?年末でしょ♪

めでたい会議カテゴリの最新記事