37億の使い道

37億の使い道

先日、いつも利用しているスーパーのカードポイントが3700ポイントになっていると気づいた。

1ポイント1円として使用できるので、3700円の買い物が出来る換算。

 

 

ポイントが記載されているレシート整理をしながら、結構貯まったなぁ~と思っていたら、この3700ポイントが”めでたい妄想会議”に発展する。

3700→3700000000

リス:スーパーのポイントが3700円分も貯まってたわ。

隊長:え?37万円?!何買う~?
リス:ううん、37億。

隊長:?なんで、3700円が37億?
リス:3700円も37万も妄想として楽しくないし、37億円。

隊長:意味が分かりませんが、37億なんですね。37億あれば、もう何もしません。
リス:えっ…”何もしない”ってなによ?

隊長:文字通り”何もしません”ね。生きる屍と呼んでください。
リス:37億もあったら、いい機材買って、いいスタジオ造れるよ?

隊長:う~ん、いい機材もスタジオも要らないかな。もういいです。
リス:何がもういいねん。37億もあるんやし、スタジオはやるべきやで!!

 

いやいや。
そもそも存在していない37億なのに、リスは「スタジオをするべき」と声を大にして熱く語り続けます。

リスの妄想ビジネスプラン

まず、引っ越し。
琵琶湖が見える場所か、山側で緑が綺麗な広い場所を買って、スタジオとカフェと雑貨屋がある複合施設を作りたい。

今までの仕事もしながら、本がいっぱいあるカフェに、リスがセレクトした文房具と雑貨を並べる。時々、イベントやミニライブもして、人が集う場所にしたいなぁ。

お世話になっているヨガの先生に出張ヨガしてもらったり、色んな学びのあるセミナーを開催したり。時々、撮影のロケで使ってもらえるようなオシャレで趣のある建物がいいな。

まぁ、ここまでは現実的に今やりたいこと。

でも、37億もあるなら~小さい村っぽくして~

 

 

老人ホームと保護猫の施設も作りたい。

ホームに入るから泣く泣くペットを手放すという話はよく聞くし、一緒に入居できて、人もペットも最期まで過ごせる施設。

動物好きな人にとって、触れ合いは癒やしであり生活。ペット連れでなくても、保護猫たちがホームにいて一緒に過ごせるのは双方にいいと思うなぁ。

猫の殺処分は今でも多いみたいだし、猫を保護して飼い主さんを探しながら、保護猫施設の猫たちは、昼は特別通路を通って老人ホームへ行って過ごす。夜になると、また通路を通って施設へ戻ってくるみたいな。

そんで私も最期はここに入る。

隊長:また、いろいろと山盛りな計画ですな。37億もあるんで…もうちょっと余裕をもって人生を送られてみてはいかがでしょう。

隊長のプチ余生プラン

37億…しいて言えば、外国に家が欲しい。
アメリカ西海岸希望です。一年の何分の1かはそこで暮らしたい。

あとは、ソフトウエア開発かな。
プログラミングを学んで、知人のソフトを一から作成してみたいです♪

もしスタジオを作るなら、自分はもういいので知り合いの優秀なエンジニアの人に任せたい。スタジオの前に芝生を敷いて、その手入れを担当するのでOK。

役職的には、エグゼクティブ・プロデューサー的なヤツが希望。エグゼクティブ・芝生・プロデューサーっていうべきでしょうか?

それで、お願いします。

 

リス:エグゼクティブ・プロデューサーって、たいがいふわ~っとしてるやつ(=何もしてない)やん。‥仕事しようよ。

これは、あくまでも妄想です。

「37億もあるなら、スタジオはするべき!」というリスの一声に‥ハッと我にかえった私達。

37億はないのです。
これは、ただの妄想なのです。

自分たちのあまりのバカバカしさに大爆笑。

しかも、大金を持ったことがないから、37億もある想定なのに、小さな使い方しか思いつかない。

3700円分のポイントから、37億円へと妄想話は大きく発展しましたが、影で宝くじが当たったなんてことではございません。

妄想だけで語って笑えて、お金がなくても楽しく過ごせる。

 

 

とはいえ、お金は大事なのです。

明日からコンサートツアー。
せっせと働いてきます。目指せ37億!!

めでたい会議カテゴリの最新記事