めでたい録音プロジェクト始動

めでたい録音プロジェクト始動

8月に制作した、めでたいバッグ。

ネットショップ販売の準備を進めているのですが、ビジュアル&デザイン担当のリスが本業で忙しく少々停滞気味。そんな中、隊長が新しい企みを計画しています。

今日は、そんな新しいたくらみについての会議。では、スタート♪

「悩ましきギター」その後

9月12日のリスノ巣箱の記事「悩ましきギター」で、リスのギター挑戦記についてお話ししましたが、その後実は‥ミニギター購入へと発展。

 

嬉しげに、人生初マイギターを背負う。

 

「一日15分だけでもギターを触る」を目標に、毎夜毎夜ちょっとづつ練習をスタート。無事に三日坊主はクリアし、約1週間が経過。

ミニギターの弦はスチール弦の為、練習後は指先に弦のあとがくっきり。こまめに爪を短く切り、入浴時の指先ジンジンと日々戦いながら過ごしています。

日頃から「大きいスタジオがあるのに、普段はただの空間やん。もったいない。」とリスが言っているのを思い出した隊長から、こんな発言が‥

隊長:「せっかくギターを練習してるんだから、録音でもしてみますか?」
リス:「いやいや、演奏もままならないのに録音ってどういうことですか?」
隊長:「ほれ、そこはテクノロジーを活用して、ちょっとずつ録音して、あとはうまく弾けたところを切り貼りでなんとか形になるんじゃないだろうか?」
リス:「いやいや、テクノロジーよりも、せめて最後まで弾けるようになるのが先でしょ。」
隊長:「冬の間は、スタジオも空き気味ですし、そこらあたりで録音する予定でお願いします。」

ということで、アントラップ初の家庭内録音プロジェクトスタートです。

遊んでいるわけではありません。
私達は遊びのような実験を経験に変え、楽しく活かして生きているのです。

ご家族録音いろいろ

先日の隊長の記事「発表会に思うこと」で、ちょっとふれましたが、親子でピアノの連弾をしたり、家庭内で音楽を楽しむ方もまぁまぁいらっしゃる様子。

当スタジオにも、お父さんがギターを弾いて、娘さんとその友達の歌を録音する案件がございました。
しかもなんと!そのお父さんは私の大学時代の先輩&学内で歌のうまさで有名だったという方。来店されてから、もしや?という偶然に本当驚きました。

友人からは「娘がドラムをやりたいと言い出したし、練習スタジオに入って私が教えてるわ~」という話を聞いたことがあります。

知り合いのピアニストさんも、ご家族みんな音楽が堪能で‥こりゃ何でも演奏できるな♪と思ったり。

来年あたり、「〇〇家」なんていう家族バンドがデビューなんてことはないでしょうか。

レコーディングの意味は、そもそも”記録すること”( 特に、音声や映像を記録すること )
販売目的ではなくても、記録をするという醍醐味もあるのです。

 

※録音のイメージ図。こんな感じで収録できれば…

目標は、音源の完成です。

このプロジェクトの目標は、「人前で演奏する」や「youtubeで披露する」ことでなく、録音して形に残すことに設定。

リスに与えられた使命は、曲の最後までギターを弾くこと。
その他、リズム楽器や、曲に味付けする楽器の演奏、録音は隊長の担当です。

リスのギターに、リズム楽器(ドラムやパーカッション等)、ベースに、その他の楽器を重ねて、最後は歌までを収録。

「ギター素人が、どの位の期間で音源制作に挑めるか?!」を追跡する予定。
日々、お客様の演奏を録音している身としては、原点を振り返る経験にしたいと思います。

果たしてどうなることやら?
身勝手な隊長のアイデアに、リスはすでに意気消沈です。

めでたい会議カテゴリの最新記事