童謡100年

童謡100年

今年は「童謡100年」

母の背に負われて、歌う童謡を聴く…なんてのは、かなり昔の話。

小学校の音楽の授業で習う曲も、最近では今風の曲が多く取り入れられ、童謡・唱歌に接する機会も少なくなっているそうな。

私達にとっての童謡にまつわる思い出と言えば‥‥二人揃って特になし(苦笑)
隊長の母は多忙極まりなく、リスの母は山口百恵とピンクレディー好きだったので、素敵なエピソードはありません。

それでも知っている歌は多く、最近もCMでは、童謡のメロディを替え歌にしているものが数多くあって浸透力の強さを感じます。

 

 

童謡の歴史を遡ると、1918年(大正7年)7月1日に童話と童謡の児童雑誌『赤い鳥』が発刊。

この雑誌『赤い鳥』は、子供の純性を育むための話・歌を創作し世に広める運動を先導、童謡の普及運動が広がります。

この童謡の一大ムーブメントを作った『赤い鳥』発刊から、今年が100年。今年は「童謡100年」と言われる所以ですね。

ちなみに7月1日(赤い鳥の発刊日)は、「童謡の日」と制定されているそうです。

日本の歌百選

日本の歌百選
2006年(平成18年)に日本の文化庁と日本PTA全国協議会が、親子で長く歌い継いでほしい童謡・唱歌や歌謡曲といった抒情歌や愛唱歌の歌の中から「日本の歌百選」を選定した。(wikipediaから)

その中には、外国から来た歌や、「世界に一つだけの花」のような最近の曲も入っているのですが、その選曲の多くは童謡・唱歌。

世代によって知っている曲数や、曲層が変わるとは思いますが、何曲知っているか?チェックしてみてはどうでしょう。→ 日本の歌百選

ちなみに私達が知っていたのは、隊長は99%、リスは98%ほど。
というのも、童謡・唱歌・日本の歌を歌い継いでいきたいという想いでご活動されている男声デュオHAMORI-BE(はもりべ)さんとお仕事をご一緒させていただいていて、今年で早7年。

リスにかぎっては、この7年間でぐぐっと知っている曲が増加。
きっとHAMORI-BEさんとお仕事していなかったら、百選のうち15曲ほど(からたちの花・朝はどこから・埴生の宿・さくら貝の歌等)は知らないままだったはず。

百選のうち、二人揃って知らなかったのは「牧場の朝」。

 

 

まだまだ知らない童謡・唱歌は、たくさんあるのでしょうねぇ。

我が家の童謡ベスト3は?

 

隊長のベスト3

「朧月夜」(作詞:高野辰之・作曲:岡野貞一)
木造校舎の小学校時代に、新しいプレハブの音楽室が出来た。その新しい音楽室で歌った記憶とセットになっていて、この曲を聴くとプレハブ音楽室を思い出す。朧月夜=プレハブ校舎なのだ。

「小さい秋みつけた」(作詞:サトウハチロー・作曲:中田喜直)
ちょっとメロウなメロディーが、少年時代の私に響いた記憶あり。
「目隠し鬼ごっこの鬼が耳をすます。手の鳴る音が、鬼の耳にかすかに”染みた”」という風景が歌われているのだが、”耳に染みる”っていう表現が、私の心にじんわり染みたのだった。

「冬景色」(文部省唱歌:作詞・作曲不明)
この曲を冬に聴くと、体感温度が2度は下がる。
「湊、船に白し、朝の霜」…水辺で霜が降りているという、水&氷の相乗効果が体感温度を下げている原因だと思う。

リスのベスト3

「七つの子」(作詞: 野口雨情・作曲:本居長世)
メロディの流れがとても好き。
昔なぜか、七つの子=北斗七星に向かってカラスが帰る歌かと思っていた時期があった。意味を調べてみたら、7つという言葉が「7羽」か「7歳」かという論争があるらしいと知る。奥深い。

「夏の思い出」(作詞:江間章子・作曲:中田喜直)
小学生のころ、エレクトーンで習った曲。
夏になると、楽譜に載っていた尾瀬のイラストと一緒に、子供の頃を思い出す歌。

「虫の声」(文部省唱歌:作詞・作曲不明)
秋になると‥虫の鳴き声を聞きながら必ずこの歌をうたう。
歌詞の中に入った5種類の虫とそれぞれの鳴き声。わかりやすくて覚えやすい!すごい!

我が家の童謡100年

童謡100年について知ったのは‥昨年の冬。
童謡100周年を記念してYouTube用動画の制作をしたいとご相談を受けたことに始まりました。

「あの子はたあれ」「ちんから峠」の作詞者 細川雄太郎先生の物語『あの子はたあれ物語』は、4月に完成し、現在Youtubeで公開中です。(参照:あのこはたあれ物語

童謡100年にあわせて、TV番組での特集や、童謡・唱歌にふれるコンサートが日本各地で開催されるようですね。
芸術の秋、童謡・唱歌を聴きにいくというのもおすすめです。他の音楽ジャンルでは感じられない「じんわりと心ゆったりした時間」が過ごせる気がします。

私達はいつも童謡・唱歌をたっぷり堪能しているのですが~今年も、HAMORI-BEさんのコンサートツアーで10月から4会場を回ります。

今年は、子供の頃や大切な人を思いだしながら‥童謡をちらっと歌ってみてはいかがでしょう♪


 

《Pick up ♪》
男声デュオHAMORI-BEのコンサートツアー2018
HAMORI-BE 故郷を歌う

 

「HAMORI-BE Concert Tour 2018 – 大阪・奈良・滋賀・大分」
音響・制作・印刷物デザインを担当しています。
ぜひ聞きに来てください~♪

めでたい会議カテゴリの最新記事