北海道地震の影響‥

北海道地震の影響‥

今はただ願う‥

台風に地震‥
被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

何事も前向きに楽しくがモットーの私達ですが、「めでたい思考回路」なんて、言っていられない事態になってきました。

2年前強風によって、お山は2日間停電となり、電気のない不自由さ・不便さ・心細さを思い出します。
その時は、仕事の締切前でパソコンが機能しないと何ともならないと‥琵琶湖の東側に避難して何とか業務をこなしました。今回は北海道内での大規模停電。

札幌市内に知人がいるのですが、充電に並ぶ人達を見ていると‥連絡をとるのはもう少し後にしようと思いとどまりました。きっと優しい彼のことだから、周りの方を助け奮闘していると想像しながら、無事を祈るばかり。

一日でも早く日常がやってきますように‥と切に願いながら‥

遠く離れている私達にもやってきた、地震の影響。
今回、台風と地震が二つ重なり、実はCD制作にも異例の事態が発生中。

台風のパンチを受ける

台風の影響をうけて東京への出張が延期となった、私達。

お山は意外に被害が少なかったものの‥関西、特に大阪の被害が大きく、京都の神社仏閣にも被害多数。今日京都へ行ったら‥

 


京都大原・倒木のアーチ。。

 

大阪知人宅でも、隣家からの飛来物、屋根の一部が飛ぶなどの被害があったようです。。

ちょうどCD制作も大詰めで‥
音源データをプレス会社へ発送予定だったのが、台風直撃の4日。

本来は、もう数日後でも間に合うけれど、台風を予測していたので、早めに発送。予想通り物流もストップし、空港も閉鎖するなど、想像以上に台風の影響がありましたが、来週明けまでには到着できるだろうと思っていたら‥

6日の朝。
地震のニュースに目を疑いました。

そう、いつもお願いしているプレス会社は、北海道札幌市なのです。

地震で空港閉鎖

6日。まずは、テレビで情報収集。
重なる余震に、大規模停電、断水、鉄道運休、新千歳空港閉鎖‥

 

 

ライフラインもままならない大変な状況。。

報道されるのは一部だとしても‥想像できたのは、仕事をしている場合ではないだろうということ。

そもそも電気がなければ、会社のメールも電話も通じない。そんな大変な状況の中、このまま依頼することができるのか‥キャンセルしたほうがいいのか‥と頭によぎる中、連絡手段がありません。

ひとまず、報道で電気の普及状態などを確認しながら、もう少し様子を見ることに。また、いつ先方がメールを確認してもいいように、こちらからメールだけ送っておくことにしました。

万が一しばらく連絡がとれなかったとしても、CDの発売日は迫ってきます。

間に合わすためには、やむをえず、他のプレス会社へ依頼することも検討しなければならない‥と、代替プレス会社の検討をスタートしました。

宅急便が行方不明

7日。そもそも荷物はどこまで行ったのだろう。

 

 

発送した音源CDのお問い合わせシステムを再度確認すると、まだ滋賀県。。

クロネコヤマトの電話もつながらないので、発送した店舗に行って見解を伺うと‥台風と地震による停電でデータサーバーとのやりとりが出来ていない状態につき、どこまで行ったのか、北海道にあるかどうかも不明。

ただ、北海道への荷受けも、北海道からの発送も、今はすべてストップ。

中継地点で待機を強いられた荷物は、他にもいっぱいあるだろうなぁ。

だいたい通常であれば、2日で北海道まで荷物が届き、時間どおりに配達されるわけで‥物流ってありがたいなぁ。と、いつもの便利さを痛感します。

プレス会社様とのやり取り復活

そんなことを思いながら‥帰宅。

すると「今日から電力が復活しましたので、通常業務を再開しました」とプレス会社からメールが届き、無事を確認することができました!

製造は、北海道内の工場ではないため、予定通り進められるだろうという見解だったので、このままお願いすることになり一安心。

こちらのプレス会社へは、これまでも何度もお願いしてきたので、仕事ができる状態ならば、大変な時ほど経済支援!売上貢献!

さてはて、問題は一つ。
音源データをどのようにして届けるか、なのです。

提出方法は、CDで届けるか、オンラインで入稿するかの2つ。

現時点で配送は不可能なので、このまま北海道のプレス会社にお願いするならば‥オンラインを頼るしか方法はない。

 

とどけー。ゆけー。

 

これまではCDで提出することに慣れていたため、オンライン入稿は初挑戦。ということで、本日オンラインで入稿するためのデータ作成に勤しんでいるのです。せっせ。

札幌の彼から返信

プレス会社の電気が戻ったと聞いたので、知人に連絡してみました。

すると、すぐに返信あり。
なんでも職場はまだ電気が戻らずらしいですが、彼の家は昨晩に電気が戻り、生活できているとか。

「食料とガソリンが争奪戦です!」という返事を見て、元気なようでほっとしました。

そういえば、Twitterでは‥
北海道の方々からの「星が綺麗」というつぶやきがたくさんあったようです。

地震がきて、停電になって、大変な状況の中‥「星が綺麗」と思えることに人間のパワーを感じます。

何かあると、日常をありがたく感じ、大切な人との時間を考えます。

天災も事故も、当たり前ですが突如やってくるわけで‥「今を大切にしなければ」そう思わざるを得ません。

ひとまず私達は、プレス会社へ無事にデータを提出すること目指しながら~物流が復活した暁には、知人の彼に何を贈るか考えながら過ごすことにします。

週末にかけての雨。
台風、地震での被害がこれ以上大きくならないように‥願っています。どうかお気をつけてお過ごしください。

めでたい会議カテゴリの最新記事