紙博2018 in 京都

紙博2018 in 京都

2度目の紙博

先週の土日に開催された、紙モノ好きにはたまらないイベント「紙博」に行ってきた。

 

 

いつもお世話になっている方が、前回書いた記事「紙を楽しむ。紙博を楽しむ。」を読んでくださって、今回一緒に紙博へ♪

記事を書いたことで、周りにも「紙モノ好き」が意外にたくさんいたことを気づかせてもらえた。

「めでたい~」のサイト効果は小さく色々なところに表れている。「紙博、一緒に行きましょう!」というきっかけができたことも、そのひとつ。うれしいかぎり。

紙博の京都開催は、これで2回目。

開催日までは、出店されるアイテムをInstagramで予習する。
毎日たくさんの商品が紹介されて、紙博への気持ちがどんどん高まっていった。

今回も欲しいアイテムに目星をつけて、いざ会場へ!

入場チケットは切符風

入場料を支払って、チケットをもらう。

 

 

この新幹線の切符のようなデザイン!
注意書きも事細かに書かれていて、思わずにんまり。こういう小さな仕掛けに楽しさのカケラが詰まっている。

会場には、紙にまつわる作り手たち・総勢71組のブースが並ぶ。


趣向を凝らしたアイテムや、珍しいものがずら~り。
ずっと「へーーー♪」「かわいいー」「すごいー」を連発しながら、順繰りまわっていく私達。

リスノ目星アイテム・ひとつめ

リスのポストカード

 

札幌在住のイラストレーター・のりおさんとあさみさんによるユニットネクタイさんのポストカード。Instagramで紹介されている時に、かわいくて温かみのあるイラストが目に入った。

“リス”のポストカードばかりを5枚購入したら‥
「リスが好きなんですか?」とお声がけいただき「リスって呼ばれてるんです。」とオハナシ。

そうこうしていたら「じゃあこちらにも~」と袋にも“リス”を貼ってくれた♪

 

 

お店の方とする、こういう小さなやりとりも楽しい。

リスノ目星アイテム・ふたつめ

ぷんぷく堂さんのポルカレイドの一筆箋

 

こちらもInstagramで見て、綺麗なカラー&面白いネーミングに目が止まった商品。言葉と色を送る一筆箋とあって、納得。

ポルカレイドは紙の種類で、ラフな風合いとカラフルなチリが特徴のファンシーペーパー。
色名は、メレンゲ・トウフ・バナナ・ライム・サーモン・ソーダ・アケビ・キノコ。とても特徴をとらえていて楽しい!

お店の方がこのポルカレイドが大好きで作ったらしく、たくさんお話を聞かせてもらった。
普段使いには、メレンゲやトウフが使いやすいけど、私はライムが気になって‥悩みに悩んだ挙げくライムを購入。

こちらのぷんぷく堂さんは、千葉県のお店で夜17~22時に営業されている。
それを聞いて、以前テレビでも紹介されていたことを思い出した。夜からの営業ということで、この提灯を普段お店に出しているんですって。

 

 

HPによると‥

お客様から「なんで文具店なのに17時からなの?」とよく聞かれます。「文具店が夜開いていたら、面白いでしょ?」と答えると「本当だ!面白いですね!」とお客様の笑顔がかえってきます。‥‥「文具店の夜の営業」を真っ先にはじめた常識破りの店ぷんぷく堂は、時間を忘れて懐かしさがよみがえる、そんなお店なのです。<ぷんぷく堂ホームページ「こだわり」より>

この文章だけで、なんだか楽しくなる。お店にも行ってみたい!

気さくにお話してくれた店主さんは「文房具が好き」ってことがとても伝わってきて素敵な方だった。こんな出会いもイベントの醍醐味。

次回へのわくわく

何時間でもいれそうな楽しい空間だけれど、閉店時間はやってくる。
最後の楽しみは、出口をでたところにある“おみくじ”

 

[紙博HPより]

 

これも予習していた私。この一つ一つがおみくじらしい。
どういう仕組みなんやろう~と思っていたら、紙をもらってそれを丸め、おみくじと取り替えるシステムだった。なるほど。

 

 

おみくじの内容は“紙”にまつわる運勢。

 

 

入場チケットといい、このおみくじといい‥
こういう小さな仕掛けが大好きな私。

今回は普段使えるもの意識しすぎて、気づけばあまり買い物をしてなくて‥帰ってから「やっぱあれもあれも買っておくべきだったな~」なんて思ったり。

ほんと、入場チケットの注意書き通りの結末。

 

 

次回は、心にときめいた紙たち、みんな連れて帰るよ~と誓う私。

先日行ったばかりなのに、次回の開催が今からとても楽しみで、わくわくしている♪

リスノ巣箱カテゴリの最新記事