サウンドフェスタ2018へゆく

サウンドフェスタ2018へゆく

フェスに行ってきた

先週、グランキューブ大阪にて行われた「サウンドフェスタ」に行ってきた。

 

 

サウンドフェスタといっても、夏の海沿いや山麓で行われる「なんちゃらソニック」「なんちゃらロック」というような音楽イベントとは違って、いわゆる展示会のようなもの。

このフェスタは、毎年6月の後半に行われていて、私は二年に一度くらいの割合で足を運ぶことにしている。

新しい音響技術や、製品情報はインターネットで知ることのできる世の中だが、モノを作っているメーカーの人や、販売店の人から話を聞くと「実のところ…」みたいなことや、Tips(実用的な役立つ情報)などが聞けてありがたい。

「写真やパンフレットで見るよりは、実は小さくって、軽いんですよね」とか、「この機能を、こんな風に使っているエンジニアさんがおられます」なんていう補足情報も教えてもらえる。

他業界の展示会もそうだと思うのだが、有名無名にかかわらずメーカーが一堂に会している展示会。

とりあえずここに行けば、いろいろなモノが一同に介しているので情報収集にはもってこいなのだ。

来場者を観察

サウンド系の展示会に来られる方も多種多様。

・今期、新機材の導入を検討中?な視線のスーツ姿の方
・いかにも音響業界の方
・専門学校の学生さん
・枯れ木も山の賑わい系(私)

いかにも音楽業界の方には、特徴がある。(※隊長調べ)
・〇〇ツアーと書いたスタッフTシャツ(黒系が多し)
・ロングヘアー。結んでいることも多し。
・若い衆を従える。

なんて共通点があるような気がする、といつも展示会に来ては再認識する私。

学校の授業の一環か、専門学校の学生さんも多くみられる。
興味深く機材を眺めたり、メーカーの人から説明を聞いたり。

学生さんに話をされてるメーカーさんも、「学生さんに話をしてもねぇ…」なんて感じじゃなく、けっこう丁寧に対応されている気がした。

未来のクライアントになるかも?的な気持ちがあるのじゃ?と深読みしている私。

スピーカー試聴といえば…

このサウンドフェスタ。
展示会の他に、スピーカーの試聴会が目玉。

 

 

座席数2000人クラス、グランキューブ大阪のホールを貸し切って色々なメーカーのスピーカーの視聴が行われる。

スピーカー視聴といっても、大型家電店のオーディオ視聴とはちょっと違う。
アーティストのコンサートツアーで使われるようなスピーカーが、どんな音なのか聞くことができるのだ。

しかも、視聴中に会場内を歩き回ることも出来るので、座席の位置による聞こえ方の違いを体感できる。他ではない贅沢な視聴環境。

「そうか、このメーカーの音はこんな感じなのか」とか「このスピーカーは広範囲までカバーできる(聞こえる)なぁ」「これは、どっちかというとロック系?」なんて風に、偉そうに評価している私。

とはいっても1組で数百万越えの機材。
購入する予定は全く無い。

試聴用にかける音楽といえば、ロックである。
体感できるような重低音を響かせて「いや~、大迫力!!」をアピールしたいかどうかは不明だが、ドスドスと響くロックが多いのは確か。

例えば、これぞクラシックや声楽というジャンルは、視聴に使われない。
個人的には、そういう音楽でも視聴してみたいと思うのだが、私みたいなものは、かなり少数派だと思われる。

視聴用として再生された音楽ではないのだが‥
スピーカーの製品紹介動画のBGMでは「銭形平次」がチョイスされていて驚いた。

例の「男だったら~♪」で始まる、あの銭形平次。

 

 

なぜ「銭形平次」??
展示会から自宅に帰ってくる帰路、その訳を考え続けた。

銭形平次が使われていた動画は「スピーカーを吊るす」作業の場面だった。
今どきの吊るすスピーカーは、フライングスピーカーと呼ばれる。

フライングスピーカー‥‥‥飛ぶスピーカー‥‥

なるほど「銭が飛ぶ~」の「飛ぶ~」にかけているのか!とわかったのはこの記事を書いている最中。

と書きつつも「いやいやスピーカーが飛ぶ」というよりも「その値段に大量の銭が飛ぶ~わ」と突っ込みを入れた私であった。

隊長!発信!カテゴリの最新記事