梅雨じたく

梅雨じたく

雨がしとしと。
今日くらいの雨なら、雨音が心地よい。

風もさほどなくて「さーっ‥しとしと‥」という音の中に、鳥の声が遠く紛れて聞こえる。

お出かけの時の雨は憂鬱だけど、屋内で過ごす雨の日はまずまず好きなほう。

もうすぐ梅雨。
じめじめしてて夏が待ち遠しくなる、この時期の過ごし方。

うめしごと

5月半ばになるとスーパーに並ぶ、青梅。
以前、梅サワーをいただいて、すっかりハマった。

私の母とおばあちゃんは料理が得意ではなかったので、家で作る類の保存食‥お漬物・梅干し・お味噌などは存在せず、いつも購入していた。

おばあちゃんのおはぎや、母が漬けた梅干しに憧れを抱きつつも、作る光景を目の当たりにしたのこともないので、それはお話の中にでてくるような遠~い存在。

大人になって、それらを実際家で作っていたという方に出会うと、へ〜ほんまに作れるんや!といった驚きまであった。

いざ調べてみたら…梅シロップも梅酒も簡単に作れることが発覚。

えっこれだけ?と拍子抜けなレベル。
ということで、梅が大好きな私は、数年前から梅しごとをスタート。

今年は、梅シロップ&梅サワーを半々仕込んだ。

 

 

手作りの梅干しは、少し敷居が高い。

いただきもので美味しい!と思った試しがなく、しょっぱい昔ながらのものが多いし、難しいのだろうなぁと断念していたけど、今年は作ってみたいなぁと企み中。

恐怖虫への備え

GWすぎると‥そろそろ奴がくる…と身構える。
暖かくなりはじめるこの時期、かわいい虫も恐怖な虫も活動をスタート。

決まって5月になると、ムカデ・ゲジゲジがお出ましになる。

お山生活なので、虫が出るのは当たり前といえど…嫌なものはイヤ。私は大の虫嫌い。。

唯一の救いは、お山にはゴキブリがいないこと。温度が低いお山では、ゴキブリは生存しにくいとか。

で問題は、ムカデとゲジゲジ。
恐怖な虫トップ2。姿と動く様がおぞましすぎる。。。

そろそろくるなと感じたら…出没エリアへの警戒を強める私。

トイレでの出没率が高いので、まず扉を開けたら上と下を確認。
降ってこようもんなら、失神クラス。周囲をひと通り確認してからトイレへ入るのがルーティーン。

それだけ注意していたはずなのに‥今朝‥出くわしてしまった。

15cmはありそうな‥巨大ムカデ。
しかも、寝ぼけつつ便座に座った瞬間だった。。

思わず身体がフリーズしつつ、見逃しても厄介と理性を奮い立たせ見つめる。頼むから近くに来ないで‥動かないで‥と念を送りながら、隊長を呼ぶ。‥なんとか、撃退に成功(隊長が)。

お山のムカデ退治には、このスプレーが欠かせない。

 

 

瞬間的に凍らせてくれるという代物!!
これを手にしたら装備レベルも攻撃力もぐっとアップ!

逃がしてしまう率も低く、へっぴり腰でも噴射可。ひとまず凍らせて、気持ちを落ち着かせる時間の猶予をGETできる。

ただし‥スプレーには‥

 

 

そう、トドメをさす必要はある。。。
殺虫剤不使用で安全だけど、言わば凍っているだけ。しぶといムカデは、温度が戻ると生き返る。。

凍らせたら、誰かを呼びましょう。

除湿とアロマ

除湿機に水がたまるのって、不思議。
こんなに空気中に含まれているのね‥と、いっぱいになったタンクの水を見て思う。

お山の自宅にはクーラーがないので、「ドライ」機能もつけられず。(スタジオにはエアコン有)

夏になれば、クーラー無しでも快適に眠れるくらい涼しいし、湿度が高い梅雨時期が一番不快指数が高いかもれない。

除湿機かけつつ、少しでも通気性がよくなるよう風通しをよくするくらいしか対策ができないので‥

せめてもの気分転換に、アロマオイルを導入。
香りって一瞬で気分が変わるし、とても癒やされる。

 

アロマストーンはメデタイ。100均粘土でこねこね。

 

色々な香りを購入して楽しんでいるものの、ネコには命に関わるほど危険らしく‥ネコが立ち入らないエリアにしか置けないのが難点。

とすれば、玄関・お風呂・トイレ・スタジオに限定される。

‥そう。この時期のトイレは、癒やし&恐怖が入り交じる空間。。。

もうすぐ、梅雨がやってくる。。。

 



< Risu ‘s Pick up♪ >

煮沸できない大きい瓶の消毒は、これが便利♪

あらゆる虫との戦いに‥備えあれば憂い無し。

 色々な香りがいっぱい。迷うけど楽しい。

リスノ巣箱カテゴリの最新記事