因果応報の500円玉?

因果応報の500円玉?

目撃者は自分

因果応報
『人は良い行いをすれば良い報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがある』という仏教の教え。

誰も見ていないから、いいや。
そう思う気持ちはわかるけど、私には向いていない。

若い頃はそれなりに、ズルをしたり、嘘をついたことだってある。

それこそ、ここだけの話。
浮気の一つだって経験がないわけではない。これぞ、若気の至り。

ただ、その時感じたのは…
つじつまを合わせるのが大変だということ。

自分の行動と言動の整合性を保つ苦悩。
これが実に面倒くさい。

そこまでして成し得ないといけないほど重要なことなのか…と思う始末。

どんな些細なことであっても…
周りに誰もいなくても…

何をしたのかは、全て自分が見ている。

 

 

後ろめたいことをしないことは、私にとって1番楽な生き方だと思っている。

落とし物は巡る

これまで、財布・免許証・バッグを落とした/紛失した経験があるが、どれも無事に戻ってきた。

警察から連絡があった時もあるし、スーパー等の落とし物センターに届けられていたこともあった。心の底からホッとしながら自分のうっかり具合を反省しつつ、世の中捨てたもんじゃないなぁと思っていた。

落とし物をした時の喪失感と無事に出てきて!と祈るような気持ちを経験している者として…
落とし物を見つけたら、必ず係か警察へ届けている。

先日、いつも行くスーパーFrescoで買い物をしてレジで精算をしていた時…

買い物したものを袋詰するカウンターにふと目をやると、500円玉がぽつりと置かれていた。

「あのぅ、500円玉があちらに~」と500円玉を拾ってレジさんに手渡す。

「あら。さっきのお客様が忘れたのねーきっと。ありがとね~」と会話。

帰宅してから、500円玉がない?!!と気づくことはないかもしれなけど、常連のお客様だったらお店の方がお返ししてくれるかも~と思いながら、帰宅した。

500円玉の恩返し?

それから数日後、同じFrescoでお買い物。

レジでFrescoのポイントカードを差し出したら、レジの方が「あ!」と一声。

商品ピッピも途中ながら、引き出しをあけて何かを探している。
「これ~」と差し出されたのは、他社スーパーCoopの私のポイントカード。

このカード、数ヶ月前から見当たらなくなっていて、再発行しなきゃなーと思っていた。
よりにもよって、Frescoからでてきた私のCoopカード。

他社のカードをわざわざ保管しておいてくれたのことに驚きながら、Frescoカード裏面の署名をみて…Coopカードの落とし主だ!と気づいてくれたレジさんにも驚く。

何でもレジカウンターの下に落ちていたのをお客さんが拾ってくださり、しばらく預かっていたのだとか。

たくさんのお客様の中よく気づいてくれたなぁと思って、御礼をお伝えしていたら「もっと早く気づけていたら、よかったんだけど~」と笑顔のレジさん。

500円玉を拾ったから?
Coopカードが返ってきた?!

 

 

そんなまさかな因果関係はないにしろ、そんな風に感じるタイミングだった。

自分のすることは、全て自分が見ている。

そして、どこかで何かしら全てが繋がっているのかもしれないなぁ~益々悪いことはできない。

リスノ巣箱カテゴリの最新記事